iPhoneの「充電メンドくさい」を解決する方法【磁力式ケーブル5製品比較】

写真拡大 (全12枚)

どこをとってもスマートな端末であるiPhoneですが、ただ1点、どうにもアナログな部分が残されています。そう、ライトニングケーブルとの接続です。なんだかんだで慣れてしまっていますが、このパーツをもっとスムーズ化させる方法があること、ご存知でしょうか?


くっつけるだけのマグネット式
カチッとつくのが癖になる


iPhoneとライトニングケーブルとの接続は、もう差し込んだり引っ張ったりする時代じゃないのか……。そう感じさせてくれたのが「マグネット式ライトニングケーブル」です。。あらかじめセットしたアダプターにピタッとひっつくので、端子孔をいちいち探す手間も省けます。

一度知ったらもう手放せなくなるシロモノですが、実は複数社から販売しており実力はまちまち。そこで5社のマグネット式ケーブルを比較し、磁力や電気流量などを調べました。

テスト方法はこちら



‥杜チェッカーを使用し、充電時に影響する電流量を計測しました。



692gのiPad Proに接続し、ケーブルを持ってぶら下げて磁力の強さを試してみました。



アダプターの端子形状は一見どれも似たような形をしています。しかし端子の幅や接点に差異が見られ、付属ケーブル以外は接続できなくなっていますのでご注意を。

それでは、全5製品の格付けを発表いたします!


電気流量も磁力も強い!
Zinx ライトニング マグネット



Zinx digi
ライトニング マグネット ケーブル 2.0 lightning iPhone通信 Siliver set
実勢価格:1880円

[評価はこちら]
電気流量:1.13A
磁力:強い


マグネット端子に極性があるので、電気流量が少ない場合挿す向きを裏返すと解決できました。



あらかじめセットしたアダプターに近づけるだけでカチッとくっつく快感は、もうクセになること間違いなし。



しかも、充電中かどうかがライトでひと目で分かるのでとっても便利。電源に接続すると緑色に点灯し、充電中は青色になります。

電流も磁力も強いピカイチなモデルです!


次点はMEOWのマグネットケーブル
磁力は強いが電気量があと一歩



M-00127
MEOW MARKET タイプC
Amazon価格:999円
メーカー型番:M-00127

[評価はこちら]
電気流量:0.94A
磁力:強い


純正ケーブルより若干多い電気流量がありました。


磁力の強さならこちら
簡単には外れません



DAIAD
YDICU-1LUMG
実勢価格:600円

[評価はこちら]
電気流量:0.93A
磁力:強い


磁力が一番強く、Lightning端子ごとiPadから抜けました。


改良しても磁力は?
製品のばらつきがあるSimkura



Simkura
データ転送ケーブル Micro-USB & USB 3.0ケーブル(1m)
実勢価格:999円

[評価はこちら]
電気流量:0.93A
磁力:弱い


ぶら下げ時に若干iPadを振るとケーブルが外れてしまいました。


Amazonでは高評価も
でも実際のテスト結果はイマイチ



Mcdodo
iPhone マグネット 充電器 ライトニング マグネットケーブル
実勢価格:1199円

[評価はこちら]
電気流量:0.93A
磁力:弱い


ケーブルとの接点が唯一凸型で外れやすかったです。

Zinx製品は磁力も強く電気量流も他より抜きん出ていましたが、他の製品は電気流量はほぼ互角で磁力の勝負で順位が分かれることになりました。使いやすいのはZInx、次いでMEOW MARKETといったところでしょうか。

皆さんも、この快適さをぜひ味わってみては?



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。