プロボクシング・WBO世界Sフライ級タイトルマッチ(9日、米カリフォルニア州カーソン)同じ興行で、元4階級制覇のローマン・ゴンサレスが48戦目で初のKO負けを喫した。3月にWBC世界Sフライ級のベルトを奪われた王者、シーサケット・ソールンビサイ(30)=タイ=と異例のダイレクトリマッチ。4回に左ストレートからの右フックで2度目のダウンを喫して大の字に倒れ、レフェリーが試合を止めた。ゴンサレスは数分間倒れたままで、その後ゆっくりと起き上がると治療のため病院に搬送された。