現代人は「睡眠不足」ではなく「睡眠負債」認知症にならないためには?

写真拡大

9月11日放送の『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系列、毎週月曜20:00〜)は、「睡眠負債を返済!最高の睡眠を得る方法教えます」と題し、最新医学に基づいた「最高の睡眠法」が紹介される。

今回番組では、睡眠研究の最高峰の1つといわれる「スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所」で所長を務める西野精治博士を取材。西野博士によると、現代人の睡眠に異常が起きているという。それは、「睡眠不足」ではなく「睡眠負債」(※日々の睡眠不足が借金のように積み重なっている状態)が溜まっているということ。睡眠負債の状態だと、認知症などを発症するリスクがアップ。しかもその睡眠負債は、本人が知らぬ間にも起ってしまうという。

そこで「今、日本の人々にこそ伝えたい」と西野博士が緊急来日。「睡眠負債」が溜まっているかどうかが分かる簡単なチェック法のほか、「睡眠負債を返済する方法」を徹底紹介。さらに、西野博士の1日に密着し、生活の中で簡単にできる「最高の睡眠」を取るポイントを教えてもらう。