優勝したスティーブンスの友人、アルティドールにとっても良い日に[全米オープン]

写真拡大

「全米オープン」女子シングルスで初優勝を飾ったスローン・スティーブンス(アメリカ)の古くからの友人もまた、良い一日を終えた。

「メジャーリーグサッカー(MLS)」の試合で、ジョジー・アルティドールは2点のゴールを決め、所属するトロントFCを勝利へ導いた。同チームは、4対0でサンノゼ・アースクエイクスを破っている。

試合前インタビューでアルティドールは、母がスティーブンスについて話してくれたと語った。
スティーブンスは、彼はもっとできたはずだと考えている。試合結果をチェックし、彼が2点決めたことを嬉しいと言いつつも、「彼はハットトリックくらいすべきだったわね。それくらい最高の日になるべきだったのよ」とも付け加えた。

スティーブンスは、この米国ナショナルチームでプレーするアルティドールと、5年生の時に出会ったと語っている。

彼は、イエローカードの累積により、ホンジュラスで行われたアメリカンゲームへの出場停止を受けたが、この出場停止期間にスティーブンスのトーナメント試合を観戦しに来ており、木曜のセミファイナルにおいてビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)に勝利した試合を応援していた。

(C)AP(テニスデイリー/ワウコム)

※写真は「全米オープン」女子シングルス準決勝の試合を観戦するジョジー・アルティドール
Toronto FC forward Jozy Altidore watches play between Sloane Stephens, of the United States, and Venus Williams, of the United States, during the semifinals of the U.S. Open tennis tournament, Thursday, Sept. 7, 2017, in New York. (AP Photo/Julio Cortez)