女性として初めてブンデス1部で主審を務めたビビアナ・シュタインハウス氏

写真拡大

[9.10 ブンデスリーガ第3節 ヘルタ・ベルリン1-1ブレーメン]

 ブンデスリーガは10日、第3節3日目を行い、FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンはホームでブレーメンと対戦し、1-1で引き分けた。原口は開幕から3試合連続のベンチスタートとなり、今季初の出番なしに終わった。

 この試合の主審を務めたのは女性レフェリーのビビアナ・シュタインハウス氏。これまでブンデスリーガ2部やDFBポカール(国内杯)で経験を積んできたが、1部リーグで初めて女性主審が笛を吹くという記念すべき試合となった。

 先手を取ったのはホームのヘルタだった。前半38分、FWベダド・イビセビッチが敵陣左サイドでボールを奪い、右サイドへ斜めのパス。PA手前でMFブラディミル・ダリダが倒されると、ファウルの笛は吹かれなかったが、PA内右にこぼれたボールにオーストラリア代表MFマシュー・レッキーが詰め、右足でGKの股間を抜く先制点を奪った。

 1点ビハインドで前半を折り返したブレーメンは後半14分、左サイドでパスを受けたFWマックス・クルーゼがゴール前にクロス。セカンドボールを拾ったMFトーマス・デラネイは後ろ向きの状態からボールを浮かして素早くターンし、相手選手がクリアし損ねたこぼれ球を左足ボレーでゴール右隅に突き刺した。

 試合は1-1の振り出しに戻り、一進一退の攻防となる。ブレーメンがサイドからの攻撃でチャンスをつくれば、ヘルタもMFバレンティン・シュトッカーや途中出場のMFサロモン・カルーが相手ゴールを襲った。拮抗した展開の中、ヘルタは交代カードを一つ残していたものの、原口に出番は訪れないままタイムアップ。1-1の引き分けに終わり、ヘルタは2試合勝ちなし(1分1敗)で開幕から1勝1分1敗となった。


●海外組ガイド

●ブンデスリーガ2017-18特集