今夏の移籍マーケット、編集部に衝撃を与えた選手は誰だ?

写真拡大 (全13枚)

ついに締め切りを迎えた2017-18シーズンの移籍マーケット。

先日トルコの登録期間が終わったことで、主要リーグではポルトガルが残るのみとなっている。

これまでになく多くのお金が動いた今夏。その中で最も衝撃を受けた移籍は何だったか?編集部にアンケートを取ってみたぞ。

▼編集部Oの「衝撃!」

ネマニャ・マティッチ(チェルシー→マンチェスター・ユナイテッド)

マンチェスター・ユナイテッドがこの夏に行った補強の中でも「モウリーニョ監督、今季は違うな」と一番感じた移籍。

ボランチはチームを勝たせるポジションであり、チャンピオンチームのチェルシーから29歳のマティッチを3年契約で引き抜いたのは、本気度の表れだ。

ネイマール(バルセロナ→PSG)

別の選手を選ぼうとも考えたが、2017年夏を振り返る上ではやはり避けて通れない移籍。

「またまた御冗談を」と思っていたら一気に事が進み、7月末にはほぼ決まりな状況に。8月になって実行に移されたが、以前から決めていたならもっと早く移籍した方がいろいろ良かったような。

▼編集部Hの「衝撃!」

本田圭佑(ミラン→パチューカ)

かつて北中南米を担当していた筆者は、メキシコの給与が高額でレベルも高水準であることを知っていたが、それでも本田のパチューカ入りは全く予想することができなかった。

日本代表での立ち位置が微妙となる中、北米の地からワールドカップ出場を果たし、この移籍が成功であったことを証明できるだろうか。

パウリーニョ(広州恒大→バルセロナ)

パウリーニョは良い選手だ。南米予選では、メッシやスアレスよりゴールを決めている。

しかし29歳の、お世辞にも“ユニフォームが売れるわけではない玄人好みの選手”に、51億円も支払うのは、ネイマールの電撃移籍でフロントが錯乱してしまったとしか言いようがない。

▼編集部Sの「衝撃!」

レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス→ミラン)

この夏大量補強に成功したミランだが、とりわけボヌッチの獲得は大きな衝撃だった。勝者のメンタリティを備えたDFをライバルチームから引き抜いたことは、復権を目指すミランの本気を感じさせた。

ベネディクト・ヘヴェデス(シャルケ04→ユヴェントス)

個人的に、世界で最も過小評価されているDFの一人がこのヘヴェデスだと思う。

ボヌッチを引き抜かれたユヴェントスとしてはほぼパーフェクトに近い補強策なのだが、逆にユース出身の最古参プレーヤーをこれだけあっさり放出したシャルケが心配でならない。ヘヴェデスの退団により、ここからしばらくは難しいシーズンが到来するのではないかとさえ感じている。

ヨハネス・ガイス(シャルケ04→セビージャ)

思わず「これぞセビージャ」と唸るような補強を今年も最終日に実現させた。シャルケで燻りかけていた名キッカーを獲得し、ナスリが抜けた中盤を補強。エンゾンジとのダブルボランチは、補完性も良さそうでなかなか楽しみなセットである。

▼編集部Iの「衝撃!」

レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス→ミラン)

タリク・エルユヌシ(オリンピアコス→カラバフ)

今夏最も勢力的な補強を行ったミランのなかでもボヌッチの引き抜きは完全に予想外でまさに驚きだった。

エルユヌシは代表戦中に相手国のクラブへの移籍が決まるという超レアな形。移籍を対戦相手の選手たちからお祝いされるというのも聞いたことがない。

▼編集部Kの「衝撃!」

キリアン・エンバッペ・ロタン(モナコ→PSG)

ネイマールもびっくりだったが、何と言ってもそれに加えてのキリアン・エンバッペの方がびっくりである。

どう考えてもPSGのポイントはキンペンベしかいないCBのバックアップ(やれるオーリエも出しておいて補強なし…)、アレオラとトラップが今どんぐりの背比べになっているGKの2つだろう。

これで来年も1億8000万ユーロ(およそ231.9億円)支払うことになったわけで…。この2年間、守備はどうするつもりなのだろうか。

土屋征夫(甲府→京都)

サッカー選手の寿命は短い。43歳でトップレベルを保っているのもそうだが、純粋に戦力として求められるとは…。流石にびっくりであった。

前線に闘莉王とオリスを並べる「大作戦」でシーズンを戦うことを決めた布部補強とも言えよう。なんとか頼むよ…。

▼編集部Tの「衝撃!」

中島翔哉(FC東京→ポルティモネンセ)

関根貴大(浦和レッズ→インゴルシュタット)

ネイマール、エンバッペ、デンベレ、ルカク、ルーニーなど大物が動いた今夏の移籍市場。

例年以上の話題性があった感もあるが、その中でも「印象的な移籍例」として、中島翔哉と関根貴大の二人の名前を挙げたい。

前者はポルトガルへ。後者はドイツへ。それぞれ強い思いを胸に厳しい世界へ飛び込んだ。

共に日本代表に名を連ねる実力を持ったアタッカーであり、“向こう半年間”での急成長に期待したいところだ。