[9.10 J2第32節 群馬2-0千葉 ピカスタ]

 J2リーグは10日、第32節を行い、ザスパクサツ群馬はホームでジェフユナイテッド千葉と対戦し、2-0で完封勝利をおさめた。最下位群馬は5月28日の第16節福岡戦(3-1)以来、実に16試合ぶりとなる白星を飾った。

 立ち上がりから千葉がボールポゼッションを高め、前半9分、MF矢田旭が左足で蹴り込んだ左CKにフリーのDF若狭大志がヘディングシュート。21分にはMF佐藤勇人が強烈な右足ミドルを放つが、いずれも枠をとらえられなかった。

 すると前半24分、最下位の群馬がセットプレーから試合を動かした。PA手前でFKを獲得すると、キッカーのMF鈴木崇文が壁を越える左足シュートで鮮やかにネットを揺らし、先制ゴール。29分にはFWカン・スイルが負傷交代でピッチを退き、FW高井和馬が送り込まれた。

 1-0で折り返した後半34分、群馬がワンチャンスを生かして追加点を奪う。自陣で相手ボールを奪ったFW岡田翔平が粘ってつなぐと、MF岡庭裕貴がドリブルで運んで右サイドの高井に展開。高井は細かいシュートフェイントを入れて相手DFを振り切り、強烈な左足シュートをゴール左上隅に突き刺した。

 大卒ルーキーの16試合ぶり、今季9得点目で勝利を決定づけた群馬。最後は全員が引いて守り、人数をかけた堅守で千葉の攻撃を跳ね返した。後半アディショナルタイムには佐藤勇人が2枚目の警告で退場となり、そのままタイムアップ。群馬が2-0で勝利をおさめ、32試合目で今季初の完封勝利をおさめた。

 森下仁志監督は「選手が粘り強くやってくれた。先発の(鈴木)崇文、もがき苦しんでいた(高井)和馬が決めてくれてうれしい」と相好を崩した。残留圏の20位熊本と勝ち点11差で、リーグ戦は残り10試合。奇跡の残留へ、指揮官は「今季初めて無失点で抑えられたので少しは自信になる」と前だけを見つめていた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第32節2日目 スコア速報