飛び蹴りで一発退場のマネ

写真拡大

マンチェスター・シティ対リバプール戦の試合37分に事件は起こった。リバプールのMFサディオ・マネが、シティのGKエデルソンとボールを奪い合い、エデルソンが顔面にキックを受けたのだ。マネは一発退場となったが、この出来事にイギリスで波紋が広がっている。

この危険なアクションが起きたのは、シティが先制点を挙げた後の事だった。顔面を強打されたエデルソンはしばらくの間、医療チームのケアを受けた。その少し後にシティはガブリエル・ジェズスによるゴールで得点差を伸ばした。

シティはこのアクシデントによりエデルソンの頭部に深刻な内傷は無いと発表しているが、万一の為に医療チームは現在も検査を続けている。

試合はシティが5得点を決め、リバプールはなす術がないまま5-0で完敗した。