付き合う前にチェック!「釣った魚に餌をやらない」男の特徴

写真拡大



こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。


よく、釣った魚に餌はやらないという言葉があるように、付き合う前はすごく優しかったのに、付き合ったら態度が豹変してしまったというケースがよくあります。


では、付き合う前にこのような予兆を知ることはできないのでしょうか?いえ、実はあることから、知ることが出来ます。


今回は、付き合うと冷たい態度に変わる男の特徴について、代表的な物を4つお伝えしていきます。

■1.初回のデートですごく紳士的な態度

最初の方のデートで、非常に紳士的。


道路を歩くときは、車道側は男性である、車のドアは開けてくれる、「疲れていない?」などと、声掛けもしっかりしてくれる・・・。


すべての対応が、あまりにも完璧すぎると、ちょっと注意が必要です。
なぜなら、それは相手のことを思っての行動ではなく、自分の行動に酔っている可能性があるから。


「こんな自分最高!」と自分本位な気持ちでやっていることが多いのです。この場合、実際付き合って時間がたつと、紳士的に振る舞うことに飽きてしまい、あなたへの対応が雑になってきます。


紳士的な男性は素敵ですが、完璧すぎたり、やりすぎ感のある男性は警戒しましょう。

■2.アピールが情熱的で積極的

まだそれほど、あなたの性格を知らないのに、積極的にアピールしてくる。


「カワイイ」「魅力的だ!」などと、いっぱい褒めてくれたりするので、気分も良くなるかもしれません。


ですが、ここでの情熱さは、「とにかく相手を落としたい」という自分本位な欲望であることが多いです。つまり、あなた自身を本当に好きで、というわけではない可能性があるのです。


実際にあなたを手に入れることができたのなら、その欲望も満たされてしまいますから、付き合う前のような情熱さやマメさは消え、態度が急変することはよくあるのです。

■3.物の使い方が雑、物持ちの悪い

デートの際、彼のものへの扱いを見てください。
物の使い方が雑であったり、物持ちが悪い男性の場合、付き合うと態度が変わることはよくあります。


なぜなら、ものに対する姿勢が、女性への姿勢であることがよくあるから。
デート中は、彼の気持ちの盛り上がりも高く、女性に意識を向けているので、丁寧な対応ができるのですが、普段使う物に関しては、その人の本質が現れてくるのです。

■4.過去に出会った女性の不満を話してくる

過去に出会った女性の不満を話してくる男性も要注意です。


どんな恋愛であっても、どちらか一方が悪いと言うことはありません。


それなのにもかかわらず、付き合った女性のことを一方的に悪く言う男性は、相手の立場で考えるだけの想像力に乏しく、自己中心的な性格であることが多いのです。


もし、過去の恋愛の話をしていて、不満ばかり話す相手であれば、いずれあなたも同じように評価されると考えてもいいでしょう。

■おわりに

このような特徴に多く当てはまる男性は、付き合った時に態度が変わる可能性が高いと考えていいでしょう。
見せかけだけの男性に騙されないよう参考にされて下さいね。(木田真也/ライター)


(ハウコレ編集部)