せっかくワイヤレススピーカーを持つなら充電できる方がいい

写真拡大 (全6枚)

音楽や動画を仲間や友人たちと一緒に楽しむ際、外付けスピーカーがあると非常に便利です。ただ、その利用頻度がたまに使う程度だと常に持ち歩く必要性がなくなり、いざ使おうというときに限って手元にないガッカリな状況に陥りがち。そんな外付けスピーカーに、いつでも持っておきたくなる機能が備わっていれば言うことなしですよね。

AUKEYが発売しているポータブルワイヤレススピーカー「SK-A2」は豊かなサウンド再生だけでなく、モバイルバッテリーとしての機能も備えているんです。

スピーカーユニットにはデュアル33mmの3.5Wドライバーを搭載。サウンドはクリアかつ重厚で、さらに37×25mmのパッシブラジエータを採用したことにより、小型スピーカーにありがちな低音不足を補いつつ力強く豊かな低音を実現します。

スピーカー本体の電源オンと同時にペアリングが開始され、接続したい機器のBluetoothリストからAUKEY SK-A2を選択&登録(パスキーまたはPINコード必要時は“0000”を入力)すれば接続は完了。3.5mmステレオミニプラグによる有線接続もできるので、Bluetooth非搭載の機器でも使用できます。

内蔵の2200mAhリチウムイオン電池は、約2.5時間のフル充電で連続約6時間のワイヤレス再生が可能(音量50%時)。モバイルバッテリーとしての機能もあり、急なスマホのバッテリー不足をサポートしてくれます。

ポケットにも収まるスリム&コンパクトなデザインで持ち運びも便利。付属のストラップでバックパックや自転車などへの固定も簡単です。筐体四周を強固なアルミニウム合金で囲い、落下時の衝撃から本体をしっかり保護。裏面にはシリコン素材を採用し、衝撃吸収だけでなく滑り止め性能も高くなっています。

本体サイズは140mm×76mm×25mm、重量は約225g。micro USBケーブルと3.5mmオーディオケーブルが付属しています。高性能小型スピーカーにして、モバイルバッテリー機能を併せ持つナイスなアイテム。価格は2799円です。

>> AUKEY

 

(文/&GP編集部)