スイス南部バレー州の氷河(2017年8月2日公開、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】スイス南部のトリフト(Trift)で氷河雪崩が発生する恐れがあり、住民ら数百人が避難する事態となっている。地元バレー(Valais)州の警察当局によると、巨大な氷塔(セラック)がすぐにでも崩壊しかねなない状態だという。

 氷塔とは氷河上で塔状に隆起した氷の塊だが、トリフト氷河周縁の「氷舌」沿いで、最大で1日130センチの大きな移動がみられることを地質学者が確認したという。

 氷河雪崩が発生すればサース・グルント(Saas-Grund)の村が巻き込まれる恐れがあり、当局はすでに222人を避難させたという。

 現地では、先週初めごろから氷河下部の移動が増したため、レーダーが設置され氷河の動きが監視されている。
【翻訳編集】AFPBB News