最近では「エンゲージリングはいらない!」という女性も増えてきているようです。“結婚すること”が当たり前でなくなってきている今、「職場にエンゲージリングをしていくのは、ちょっと気がひけるから……」という思いがあるせいかもしれませんし、あるいは、まだまだ不景気な世の中だからこそ「もっと他に、お金をかけるべきところがあるのでは?」と思うのかもしれません。
そう考えると、確かに年に数回しか出番のないリングに何十万円も注ぎ込むのは現実的ではないと考える人もいるのでしょう。しかし、いくら現実主義のオトナ女子とはいえ、何もいらないわけではなくて“何か婚約の印となる品”はもらいたいと思っていることが多いようです。

指輪よりもアレが欲しい!

今回筆者は、エンゲージリングの代わりに欲しいとお願いしたアイテムについて、リアルな声を集めることに成功しました! それではさっそく、調査報告を開始していきたいと思います。

1) 家具・家電

「新しく暮らしを始めるのはお金がかかる! はやく新婚生活を始めたかったから、指輪よりも家財道具を買ってとお願いしちゃいました!」(塾講師/26歳/女性)

▽ そうなんですよね〜。新しく暮らしを始めようとすると、とんでもない金額がかかってきてビックリしてしまうんですよね。どちらかがひとり暮らしをしていたカップルであれば、炊飯器や電子レンジ、テレビなどは使いまわせるかもしれませんが、ふたりとも実家暮らしの場合だと、一から全てそろえなければいけないのでかなり大変! その量たるや、そろえなければいけないものというのはこんなにあるのかと思うほどです。
こうして考えてみると、お金をためる時間が惜しいと思う人にとっては、エンゲージリングよりも家具の方が重要だという気持ちもよくわかります。

2) 新婚旅行のグレードアップ

「それまで近場の海外旅行にすら行ったことがなかった私は、エンゲージリングを諦める代わりに、新婚旅行のグレードを上げてもらいました! 念願だったヨーロッパに連れて行ってもらえたので、交渉してみて良かったと思っています」(保険/28歳/女性)

▽ 一生に一度の新婚旅行ですから、「絶対に妥協したくない!」と思う人もいますよね。とはいえ、貯金額というのはどうしたって限られているものです。この新婚旅行を妥協しないために、どこを削ろうかと思ったときに、家具家電類などの生活必需品を削ることはできません。削りやすいところといったら、やはりエンゲージリングなのかもしれませんね。

3) 好きなブランドのマリッジリング

「マリッジリングは、どうしてもカルティエのものが良かったんです。でも、やっぱり値段が高くて……。だからエンゲージリングを買う分を予算に足してもらって、それで夢だったカルティエのマリッジリングを手に入れました!」(インストラクター/30歳/女性)

▽ 毎日身につけるものだから、やっぱり気に入ったものを購入したい! 好きなブランドや憧れのブランドがあるのであれば、特に妥協したくはないでしょう。しかし、マリッジリングというのはどちらか一方だけの意見で決められるものではありません。お互いの意見が合ってこそ購入が決まるものなのです。だからこそ、予算的に却下になってしまうことだってよくある話。
それを覆すための提案として「エンゲージリングはいらない!」と言う女性もいます。筆者のまわりにもこの提案を持ちかけた友人が数人いるので、このタイプは意外と少なくないのかもしれませんね。

いかがでしたか? 男性の皆さまにも、ぜひとも参考にしていただければと思います。