かつてバルサやチェルシーで活躍したグジョンセンが38歳で現役引退

写真拡大

▽かつてチェルシーやバルセロナで活躍したアイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセン(38)が現役を引退したようだ。イギリス『サン』が伝えた。

▽グジョンセンは、これまでチェルシーやバルセロナ、モナコ、トッテナムなどでプレー。2016年10月からインドのプネー・シティに活躍の場を移したが、負傷の影響で出場することなく退団していた。

▽代表キャリアにおいては、1996年にA代表デビュー。ワールドカップこそ縁がなかったものの、2015年3月の代表復帰後、ユーロ2016に出場するなど88キャップ数を誇った。