恥ずかしいわ!ガットゥーゾ監督、ミランデビュー戦に怒る

写真拡大

『Sportitalia』は9日、「ACミラン・プリマヴェーラでの監督デビューを飾ったジェンナーロ・ガットゥーゾは、大敗に恥ずかしいと語った」と報じた。

今夏古巣のACミランに呼び戻され、プリマヴェーラ(ユース)の監督に就任することになったガットゥーゾ。

今週は公式戦でのデビューとなったが、サッスオーロ・プリマヴェーラとの試合で1-5と大敗してしまった。

12分にリッカルド・フォルテのゴールが決まるも、その後ラウル・ベラノヴァが退場し、大量失点を喫している。

ガットゥーゾ監督は以下のように話し、恥ずかしい試合だったと苦々しく語ったという。

ジェンナーロ・ガットゥーゾ

「レッドカードが試合を変えてしまったよ。

悔やむところはある。そして、結果は試合の内容を反映したものではなかった。

しかし、我々の弱点が明らかになったということでもある。

守備が連動せずに動いていた時間が長すぎた。そして、多くのミスを犯しすぎたよ。

この負けは痛い。なぜなら、そのような形で起こってしまったことだからだ。

恥ずかしかった。我々はこれを受け入れなければならない。そして、もっと努力をしなければならないよ」