若手の実力派料理人による中華レストランの誕生は、近年かなりの盛り上がりを見せています。そのなかで、今年最注目のひとつといえば「茶禅華」(さぜんか)でしょう! オープンは2017年2月。まだわずか半年強ですが、またたく間に超人気店に躍り出た新進気鋭の一軒です。

【関連記事】

一流料理人を輩出し続けるそのワケは? 名門中の名門「シェフス」の看板メニュー「玉子トマト炒め」はクセになる味わい

有名口コミサイトの評価は日本一! 「黒トリュフあんかけ」がココロを打つ新橋の「趙楊」

 

中華の本質を日本の食材と技で表現するヌーベルシノワ

最寄り駅は東京メトロ日比谷線・広尾駅。「有栖川宮記念公園」の少し南にあります。持ち味は、中国料理や食文化の本質を深層まで理解したうえで、日本ならではの食材と技法をもって解釈、表現するヌーベルシノワ。今回は小さめのポーションで多彩な料理を楽しめる、定番のコース(1万9440円)15品を紹介します。

↑アオリイカの翡翠和え

↑毛蟹を絹笠茸に詰めて

↑チャーシュー

↑くらげ

↑桜海老真丈(しんじょう)の春巻

↑雉(キジ)の極上スープ 雲呑(ワンタン)添え

↑梅山豚(メイシャントン)の四川香り炒め

↑青梅のシロップ煮

 

個人的に気に入ってるのは、「桜海老真丈の春巻」と「ふかひれの姿煮」です。春巻は桜海老の風味がたっぷりで、食感もプリプリ。ふかひれは、香辛料を一切使わない濃厚なパイタンスープの味付けが絶妙でした。

↑ふかひれの姿煮

↑太刀魚の焼き物 葱と生姜

↑千葉 中台菜園 広東白菜の瞬間炒め

↑和牛の炭火焼 麻辣ソース

↑担々麺

↑台湾式ライチ紅茶とパール

↑杏仁豆腐 二つの温度で

 

お店は瀟洒な邸宅がまるごとレストランになっていて、外観、内観ともにテンションがあがる雰囲気。今回は2階のテラス付きの個室を利用させていただきましたが、どのシートも特別な食事を楽しむには最適といえるでしょう。

 

【SHOP DATA】

茶禅華

住所:東京都港区南麻布4-7-5

アクセス:東京メトロ日比谷線「広尾駅」徒歩10分

営業時間:平日 18:00〜23:00 (L.O.21:00)、土 12:00〜15:30(L.O.13:00)/18:00〜23:00 (L.O.21:00)、日 12:00〜16:00(L.O.14:00)

定休日:月


※土曜ランチは時期により休む場合あり。

 

【著者プロフィール】


森田 昌典(MORITA MASANORI)


日本を代表するダンスミュージックプロデューサー。ダンスミュージックユニット「STUDIO APARTMENT」として、これまでに9枚のオリジナルアルバム、そして300以上のオリジナル曲を世界各国のレーベルからリリース。世界各国を巡る音楽活動の中で、世界の美味しいレストラン巡りも行い、音楽界の食通との呼び声も高い。

 

【森田 昌典 イベント情報】

●9/14(木) “BLACK ON IT” at BPM MUSIC BAR/渋谷

●9/15(金) GENTLEMAN & LADIES at XEX日本橋/日本橋