©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

母は新派の名女優である初代水谷八重子さん、父は歌舞伎俳優の守田勘彌さんという芸能一家に生まれた二代目・水谷八重子。

9月11日(月)に放送される『徹子の部屋』に登場し、亡き母や黒柳との思い出を語る。

©テレビ朝日

母はしっかり者に見えてアバウトな発言も多く、母の言葉を信じ発言したところ「それは違う」と指摘を受けてしまったこともあるそう。

そんな母はがんと闘っていたが、最後の言葉は「行きなさい」だったのだとか。当時母の代役で舞台稽古に参加していた娘に、「舞台にもどって」という意味だったと思っているという。

©テレビ朝日

水谷のデビューは歌手だったため、56年前に黒柳と共演したドラマでは歌を任されることも多かった。

急に渡された楽譜が読めずに困っていると、音大出身の黒柳が「こういう歌よ」と歌ってくれ、「それを必死に覚えていた」というエピソードや、黒柳との“お汁粉騒動”についても明かす。