2017年9月5日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『ザ! 世界仰天ニュース』に、ギャル曽根さんが出演。海外ロケで外国に行った際、空港で起こった悲しいエピソードを紹介しました。

「他人事ではない」と感じた女性も多かったようです。

審査官から告げられたショッキングな言葉

2016年1月に第2子を出産し、2児のママであるギャル曽根さん。

番組では、「子どもを出産してからも見た目が変わらない」という話題から、ギャル曽根さんに起きた、海外の空港での悲劇についてトークが進みました。

フライト時間が長かったため、ギャル曽根さんは機内で化粧を落とし、すっぴん状態で機内を過ごしていたそうです。

その後、飛行機は空港に到着。

まずは入国審査が行われます。そこで、入国審査官から衝撃的な言葉を告げられたのです。

あなたじゃないから入れない(入国できない)。

ザ! 世界仰天ニュース ーより引用

ギャル曽根さんのパスポート写真はバッチリメイクをして撮影されたもの。この時はすっぴんで入国審査を受けたため、別人と判断されてしまったようです。

ギャル曽根さんは急きょ、別室でメイクをすることに。

3時間ほどかけていつものメイクをして、やっと入国審査をパスすることができたそうです。

このエピソードを聞いた番組MCの中居正広さんや笑福亭鶴瓶さんから目の小ささをイジられ、笑っていたギャル曽根さん。しかし当時は、笑えないほど相当なパニックになっていたのではないでしょうか。

視聴者の反応

こんなこと海外でいわれたら、相当焦りそう。ギャル曽根さん、ショックだったろうな。すっぴんで入国審査に行くのが怖くなってきた。私も結構、化粧で化けるほうだから気をつけないと…パスポート写真は適度な化粧がベストかもですね。

パスポートは長く使うものですから、女性であれば「綺麗な姿で撮りたい」と思うでしょう。

ギャル曽根さんも、すっぴんからパスポート写真の姿になるために3時間かかるほどのメイクをしていたとのこと。相当な気合いを入れて、写真撮影に臨んだのかもしれません。

すっぴんで飛行機に乗る際には、十分に気を付ける必要がありそうですね。

[文・構成/grape編集部]