「ここから(残り試合)9連勝してもおかしくはない」

 ヴァンフォーレ甲府の吉田達磨監督は試合後、ロッカールームで選手たちを鼓舞している。本拠地で0-1と敗れた後だったが、吉田監督は気負いなく言った。熾烈な残留争いの最中、なにもやけっぱちになっているわけではない。

「サッカーになっている」

 掴み取った根拠があるのだ。


チャンスを決め切れず天を仰ぐドゥドゥ(ヴァンフォーレ甲府)

 9月9日、J1リーグ第25節。山梨中銀スタジアム、甲府は清水エスパルスを迎えている。

 13位の清水は、勝ち点差4の15位の甲府に対し、負けられない試合だった。もし負けた場合、残留争いの真っ只中に放り込まれる。地理的、文化的に近いこともあって、甲府には清水のサポーターが大挙して押し寄せていた。

 しかし、清水のプレーは精彩を欠く。

「前半はボールを回せず、押し込まれた。守備もファーストディフェンダーの足が動かなくて」(清水・小林伸二監督)

 必然的に、甲府がペースを握った。イニシアチブを取ってボールを回し、動きの中でスペースを作り出し、縦横にボールを運び、ゴールに迫る。前半13分には、チームとして白眉の連係があった。

 自陣でアンカーの兵働昭弘が、外に張り出た右センターバックの新井涼平に展開。新井は持ち上がると、前線を走るリンスに長いボールを入れる。リンスはもつれながらこぼれ球を収め、ポジションをあげた兵働に落とす。兵働はこれをダイレクトで体の向きと逆の右サイドに流す。攻め上がっていた橋爪勇樹はライナー性のクロスを送り、ゴール前に入ったリンスがジャンピングボレーで狙った。

 ゴールには届かなかったが、練度の高さを感じさせた。特筆すべきは、クロスが上がった瞬間だろう。ゴール前にニア、真ん中、ファーと3人がポジションをとり、得点の確率を論理的に高めていた。

「攻撃はどこから相手の陣内に入っていけばいいのか、というのがチームとしてスムーズにできている。ペナルティエリアに何度も入っていけているし、決定的場面も作った。トライしていることに間違いはない」(甲府・兵働)

 甲府はサッカーで清水を上回っていた。昨シーズンまでのように、6バックも辞さないような守備一辺倒ではない。ボールゲームとしてのサッカーで、相手に対抗できるようになった。清水戦だけでなく、前節の川崎フロンターレ戦も互角の戦いを演じている。戦力的には厳しいと言わざるを得ず、勝ち切るのには苦労しているが、これは大きな変化と言えるだろう。

 後半も、甲府は各選手がギャップを見つけて走り、そこでボールを受け、外に弾き、再び中にギャップを見つけ、清水にペースを与えない。例えばセンターバックが持ち上がると、インサイドハーフはサイドに流れ、ツートップのどちらかが中盤に落ち、楔(くさび)を受けてフリックでサイドから裏に走る選手に通す。それはチームとしての約束事であって、共通理解ができていた。

「トレーニングを続けてきた成果が出ていると思う。今日も数多くのチャンスを作れていた。クロスも多く入れられたし、セットプレーの数も圧倒しているはず(CKは甲府が8、清水が1)」

 吉田監督はロジックでコンビネーションを作り上げ、その手応えを感じていた。

 ところが、サッカーの神様はいたずらをする。

 70分、ロングボールを清水のミッチェル・デュークが甲府のディフェンダーと競り合う。このこぼれを拾う格好になったデュークは、反射的にかかとで蹴る。一か八かに近いパスだったが、エリア内に入ってきた北川航也は本能的に胸で前にトラップし、右足を振り抜いた。ボールはGKの手を弾き飛ばすように、ネットに突き刺さった。

「(デュークと)競り合った後、甲府の選手は一瞬、”ファウルか”と躊躇した。そこで、空白を作ってしまった。だから事故的な失点にも見えるが、事故ではない。あれ以外、ほとんど決定機は作らせなかったのだが……」

 吉田監督は自戒を込めるように語っている。

 甲府は終盤、FWウィルソンも投入。前線に圧力をかけた布陣で、事故が起こる確率を増やし、ベタ引きした清水を攻め立てた。長いボールを高い技術で収めたリンスが、中央にシュート性のクロスを送り、これがドゥドゥの体に当たってゴールかと思われたが、ポストの外に逸れていった。結局、90分で清水の3倍以上の16本のシュートを浴びせたにもかかわらず、一度もゴールネットを揺らせずに敗れた。

「内容的には攻撃も守備も自分たちのやりたいことができているし、選手は自信を持っている」

 甲府の選手たちは口々に言う。もちろん、それは必ずしも残留できる根拠にはならない。サッカーは理屈だが、勝負は理屈ではないからだ。

 ただ、甲府は「サッカーの芽生え」をずっと求めていた。果たして、甲府は残留できるだろうか?

「サッカーになってきている手応えはある。俺はできると思う。クラブはスタッフも含めて腰が据わっているし、こういうプレッシャーに慣れている」

 吉田監督は快活な笑顔を浮かべた後、ギュッと口もとを引き締めた。今回の残留争いを乗り越えることができたら――それは甲府にとって、過去の残留とは違った意味を持つことになる。

■Jリーグ 記事一覧>>