モウリーニョに新たな因縁!? ストーク監督と試合後の握手拒否「彼は間違った対応をした」

写真拡大

マンUがストークと2-2ドロー、開幕4連勝を逃す

 マンチェスター・ユナイテッドは9日に行われたプレミアリーグ第4節ストーク戦を2-2の引き分けで終えた。

 3連勝中のチームは今季初めて勝ち点3を逃すことになったが、試合後にジョゼ・モウリーニョ監督が相手指揮官との握手を拒否。英衛星放送「スカイ・スポーツ」などが大きく報じている。

 試合は先制を許したユナイテッドが、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード、そして新加入のベルギー代表FWロメル・ルカクのゴールによって一度は逆転したが、ストークFWシュポ・モティングにこの日2点目を奪われたことで勝ち点3を奪えなかった。勝利こそすべての姿勢で臨むカリスマ指揮官にとって、この結果は受け入れがたかった模様だ。

 試合終了後、慣例となっている光景の一つが、両監督が健闘を称えて握手をするシーンだ。しかし英放送局「BTスポーツ」の公式ツイッターによると、モウリーニョ監督に近づいていったストークのマーク・ヒューズ監督はモウリーニョ監督から“ガン無視”されたことに立腹。カメラに向かって親指でモウリーニョ監督の方向を指さし、バイバイと手を振る様子まで映されていた。

 「スカイ・スポーツ」によると、試合後の会見でヒューズ監督は以下のように話したという。

ヒューズ監督が皮肉混じりにコメント

「私は手を差し伸べたんだが、ジョゼはそれに応じようとしなかった。たぶん試合結果を受けて、ちょっと動揺していたんじゃないかな。彼がテクニカルエリアにいた際、私は彼を押しのけた。それがたぶん、私と握手しなかった理由じゃないかな。トップ6のクラブの監督は、時としてネガティブな結果に対して鷹揚でいられない。そういう結果に慣れていないからね。たぶん彼は間違った対応をしてしまったんだろう」

 こう焚きつけられた形となったモウリーニョ監督は、「握手に関する質問? 答えたくないよ。質の悪い質問だ。私のせいに見えるんだろうが、それは正しくない」と煙に巻いた。数多くの監督と“衝突”してきた過去のあるモウリーニョ監督に、また新たな因縁が生まれたのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images