韓国の青瓦台関係者は戦術核の配備を検討していないとの立場を示した(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の関係者は10日、米NBCテレビがホワイトハウス関係者の話として「韓国の要請があれば米政府が韓国への戦術核配備も排除していない」と報じたことを受け、「朝鮮半島非核化に対する韓国政府の基本方針に変化はない」と述べた。

 同関係者は聯合ニュースの取材に対し、韓国政府は戦術核兵器導入を検討したことがないと強調した。

 また、「戦術核兵器を導入した場合、われわれの朝鮮半島非核化の主張の名分が失われ、北東アジア全体に核武装が拡散する恐れがある」と指摘した。