5人組アイドルグループのベイビーレイズJAPANが9月9・10日にサンフランシスコにて行なわれている米国最大級の日本のポップカルチャー見本市「J-POP SUMMIT 2017」に出演した。ベイビーレイズJAPANは、昨年7月にパリで開催された「JAPAN EXPO 2016」、今年7月に開催された「@JAM上海」に続いて、今回が3度目の海外公演。米国進出は初となった。

1日目のオープニングに登場したベイビーレイズJAPANは、人気曲『虎虎タイガー!』を熱唱。虎耳を付けたキュートなパフォーマンスで、現地ファンの心を掴んだ。パフォーマンス後はメンバーの「3・2・1・J-POP!」のかけ声でイベントを華やかにスタートさせた。

メインステージでは、扇子を使った日本らしいパフォーマンスの『ニッポンChu!Chu!Chu!』で登場。続けて2曲目『Baby Kiss』では、定番となっているリーダーの傳谷英里香による曲中での萌え台詞を『Give me a kiss?』と英語バージョンで披露、会場からは「カワイイ!!」と歓声が上がった。その後のMCでは、メンバー全員が英語で自己紹介。更に、渡邊璃生が「本日はご来場いただきありがとうございます」、高見奈央が「サンフランシスコには初めて来ました!」、大矢梨華子が「皆さんにお会いできて、本当に嬉しいです。ありがとうございます!」と順番に英語で挨拶し、会場を沸かせた。更に、センターを務める林愛夏が「次の曲では、皆で一緒にクラップして踊りましょう!」と流暢な英語で曲紹介をすると、3曲目の『Pretty Little Baby』では会場があたたかい手拍子で包まれた。そこからは『◯◯◯◯◯』、『シンデレラじゃいられない』とロックチューンで熱く畳み掛け、最後はアンセム曲として呼び声の高い『夜明けBrand New Days』で会場の熱気もピークに。彼女たちの代名詞でもある”エモーショナルアイドロック”を圧巻のパフォーマンスで轟かせた。ライブ後は林が「素晴らしい時間をありがとうございました!皆さん最高です!」と英語でコメント。約2000人を越える観客の前で、初の米国公演を大盛況の中締めくくった。