ACLが中村憲剛を直撃取材! 公開動画でお茶目な一面、「オ〜ナカ〜ムラ〜」も熱唱

写真拡大

13日のACL準々決勝第2戦・浦和戦に向けてACLが川崎の大黒柱を取材

 川崎フロンターレは9日に行われたJリーグ第25節、横浜F・マリノスとの上位対決で3-0と完勝し、首位鹿島アントラーズを勝ち点6差の2位で追っている。

 それと同時にチームは日本勢で唯一“4冠”の可能性を残しており、その一つであるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)浦和レッズとの準々決勝第2戦(13日)に向けて、ACLツイッターの公式アカウントで、大黒柱のMF中村憲剛がリラックスした表情で取材に答えている。

 質問内容はサッカーに関してではなく、中村のプライベートに迫った内容となっている。

中村は矢継ぎ早にぶつけられる質問に「犬と猫、好きです。(好きなバンドについて聞かれて)スキマスイッチっていうバンドが好きなんですよ」、「柑橘系よりも甘い系がいい……恥ずかしいけどね」、「昼に聞くセミよりも、夜に利く鈴虫の方が大好きです」と話したり、好きな応援歌として「オ〜ナカ〜ムラ〜 ケンゴ〜ナカ〜ムラ〜」と自らのチャントを熱唱するなど、お茶目な一面を見せている。

「奥さんの料理が大好きです」、「家にいるのが好きです」と家族への感謝を告げるとともに、一番楽しみな対戦相手はどのチームかとの質問になると、中村は真剣な表情でこう答えている。

浦和戦控え「彼らとはやり合えますからね」

「浦和ですよ、彼らとはやり合えますからね」

 川崎と浦和の現状は対照的だ。川崎は鬼木達監督の下で攻守が連動。横浜FM戦後に中村は「“自分たちのサッカー”という言葉が独り歩きしていないです」と手応えを感じている。一方の浦和はACL直前の試合である柏レイソル戦を0-2で落とし、ルヴァン杯も敗退が決まるなど、堀孝史新監督の下で厳しい戦いを強いられている。

 しかし、ここ近年ハイレベルな戦いを演じ、なおかつ敵地・埼玉スタジアム2002に乗り込むということもあり、油断は禁物と考えているようだ。果たして2013年の柏以来となるACL4強進出を果たすのは――13日に雌雄が決する。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ACL公式ツイッターに投稿された中村憲剛のインタビュー

https://twitter.com/TheAFCCL_jp/status/906710998924398592

ACL公式ツイッターに投稿された中村憲剛のインタビュー