スズキがインド、中国で販売するCセグメント・セダン『シアズ』(中国ではアリビオ)の改良型プロトタイプをキャッチしました。

シアズは2013年の上海モーターショーで『オーセンティック』の車名で初公開され、その後2014年2月のデリーモーターショーで「シアズ」と車名を改め、ワールドプレミアされました。

インド市場で発売されてからは、1年10ヶ月で10万台を突破する人気車種となっていますが、販売台数トップをいくホンダ『シティ』の牙城は崩せていないません。

そのテコ入れとして、2017年内に改良型が投入されます。主な改良点はフロントバンパー、及びリアバンパー、ヘッドライトやテールライトのグラフィックとなり、よりプレミアム感を高めたデザインとなるほか、大幅な軽量化により、1000kg以下になるといいます。

パワートレインは、1.4リットル直列4気筒DOHCガソリンエンジンを始め、1.3リットル直列4気筒ディーゼル、スマートハイブリッドなどがキャリオーバーされることが予想されますが、燃費の向上する可能性があるとレポートされています。

(APOLLO)

スズキ・シアズ改良型、軽量化&プラミアム感アップでホンダ・シティに挑む(http://clicccar.com/2017/09/10/508469/)