米デビュー戦となった井上尚弥に屈したアントニオ・ニエベス【写真:Getty Images】

写真拡大

井上の衝撃デビュー戦、6回TKO負けの敗者「彼はとどまることがなかった」

 ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)は9日(日本時間10日)、井上尚弥(大橋)が同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に6回終了TKOで下し、米デビュー戦で6度目の防衛に成功した。完敗したニエベスは「彼はとどまることがなかった。情け容赦なかった」とお手上げ状態だったことを明かしている。米ボクシング雑誌「The Ring」公式サイトが報じた。

 井上の衝撃の米デビューは裏を返せば、敗れたニエベスにとっても衝撃だった。序盤から積極的に攻め込む井上に対し、懸命にガードを固めながら勝機を伺ったが、好機を見出せず。反対に6回に猛ラッシュを食らい、この回終了後に棄権した。

 試合後、ニエベスは井上に対し、お手上げ状態だったことを明かした。

「彼はとても力強く、とても俊敏だった」

 こう称賛した上で、王者の完膚なきまでに打ちのめそうとしてくる闘志に脱帽した。

「情け容赦なかった」…王者の底知れぬパワーにお手上げ

「同じコンビネーションを続けてきたが、とどまることがなかった。情け容赦なかった」

 一方、記事では「間違いなくボクシング界屈指のボディパンチャーだろう。アントニオ・ニエベスとの一戦はこういった要素が結実した結果だ」と称賛し、通訳を通じて「自分のパフォーマンスに満足しています」と語った本人のコメントも紹介している。

 現地では多くの日本人も声援を送り、井上は試合後に「L.Aまで応援に来てくれた方、日本で応援してくれてた方、本当にありがとうございました!みなさんの応援が力になりました!」とツイッターで感謝の言葉を述べていた。

 相手をお手上げにさせるほど圧倒的な形でV6を演じた24歳。底知れぬパワーを秘めた井上の快進撃は、まだまだ続きそうだ。