“天才”小野と“タイのメッシ”が共鳴! 札幌の華麗な決勝弾を導いた名手二人の閃き

写真拡大

ホームで磐田に2-1と逆転勝利、今季初の2連勝

 コンサドーレ札幌は9日、J1第25節で本拠地札幌ドームに6位ジュビロ磐田を迎え、前半28分に先制点を許すものの、同40分にFW都倉賢、後半39分にFWヘイスが3試合連続となるゴールを叩き込み逆転勝利を収めた。

 現在14位で残留争いを繰り広げる札幌にとっては今季初の2連勝となったが、勝利を手繰り寄せたのは日本とタイが誇る名手二人が導いた、パーフェクトな崩しだった。

 前半に1点を取り合い、1-1のまま試合は終盤を迎えていた。ホームで勝ち点3を狙う札幌の四方田修平監督は後半38分、MF宮澤裕樹に代えてMF小野伸二を投入。その直後の同39分に、華麗な崩しからの決勝ゴールが生まれた。

 札幌のDF福森晃斗が敵陣左サイドでボールをキープ。相手DFのプレッシャーを受けるなか、ペナルティーエリア手前で顔を出したMF石川直樹にショートパスをつなぐ。石川はワントラップ後、すぐに後方に位置したMFチャナティップにボールを落とすと、“タイのメッシ”と呼ばれるテクニシャンは前方で左サイドに流れてくる小野を見つけるや否や、右足で鋭いくさびのパスを供給。小野がこのボールを柔らかなタッチで左サイドを駆け上がる石川の足下へ、ダイレクトで完璧につなぐと、最後は石川のグラウンダーのクロスから中央に走り込んだヘイスが右足で決めた。

 Jリーグ公式YouTubeチャンネルにこのゴールシーンが公開されると、ファンの間から「完璧な崩し」などの声が上がっていたが、その想いは当事者であるチャナティップも感じているようだ。

限られた時間で見せたコンビネーション

 試合翌日の10日に自身の公式インスタグラムを更新。試合後にゴール裏のサポーター席の前で、小野と拳を合わせて笑顔を見せる写真を投稿し、「#happy」「#ono」などのハッシュタグを添えて歓喜を表していた。

 7月に札幌に加入したチャナティップは、この日7試合連続スタメンとなったが、小野とリーグ戦のピッチ上で競演するのはこれが4試合目。すべて小野は後半途中からの出場のため、中盤でコンビを組むのは限られた時間となるが、名手同士の閃きが鮮やかな決勝弾を生み出した。

 今季初の2連勝で14位の札幌だが、J2降格圏の16位とは勝ち点6差とまだまだ予断を許さない。四方田監督が「交代選手に非常に力のある選手がいて、層が厚くなった」と手応えをつかむなか、次節の敵地ヴィッセル神戸戦で今季アウェー初勝利をつかめるのか。残り9試合、残留に向けて小野とチャナティップの同時起用は一つのポイントとなりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】JリーグYouTube公式チャンネルが公開した、「札幌vs磐田」でのヘイスの決勝ゴール

https://youtu.be/Ny-TTnAl--E

JリーグYouTube公式チャンネルが公開した、「札幌vs磐田」でのヘイスの決勝ゴール

【写真】チャナティップが公式インスタグラムに投稿した、小野との歓喜の2ショット

https://www.instagram.com/p/BY18hfMh2KP/?hl=ja&taken-by=jaychanathip

チャナティップが公式インスタグラムに投稿した、小野との歓喜の2ショット