9月10日は「世界自殺予防デー」だ。中国紙・新京報は、中国の女性の自殺率は男性より高く、また70歳以上の自殺率は30〜49歳の10倍だと伝えている。資料写真。

写真拡大

2017年9月9日、中国紙・新京報は、中国の女性の自殺率は男性より高く、また70歳以上の自殺率は30〜49歳の10倍だと伝えている。

9月10日は「世界自殺予防デー」だ。世界保健機関(WHO)によると、15年の世界の全自殺者は推計78万8000人で、男性の自殺率は女性より高い。だが中国では女性の方が高くなっている。

15年の中国の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)は8.5で、00年に比べ27%減少している。性別で見ると、女性は9.5で男性の7.1より高い。世界の男女比は1.7対1だが、中国では0.8対1だ。

また中国では70歳以上の自殺死亡率は51.5で、30〜49歳の5.1の約10倍となっている。(翻訳・編集/柳川)