米国でウナギの密漁が後を絶たず アジアにおける需要の高まりが背景

ざっくり言うと

  • 米国で、一攫千金を狙ったアメリカウナギの密漁が横行しているという
  • アメリカウナギの稚魚の取引価格は、2011年ごろから上昇し始めたそう
  • 乱獲で漁獲量が減る一方、アジアで需要が高まっていることが背景にある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング