2017年9月9日、 コンデナスト・ジャパン主催「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2017」のオープニング・セレモニーに、 YOSHIKIがスペシャルゲストとして出演。 X JAPANの代表曲『Forever Love』と『ENDLESS RAIN』2曲を演奏し、 美しく光り輝くクリスタルピアノから奏でられるピアノの音色で、 この日会場に集まった3,400名の観客を魅了した。

出演1時間前の解禁だったにも関わらず、 当日のサプライズであった今回のYOSHIKIのパフォーマンス出演。 出演情報が解禁されたと同時に、 会場の表参道ヒルズには人が溢れ返り、 YOSHIKIのピアノ演奏を一目見たさに多くの人が押し寄せた。 そしてYOSHIKIの登場と共に、 会場内には割れんばかりの歓声と、 凄まじい数のフラッシュの嵐。 それはしばらく鳴り止む事なく、会場中が大興奮。 ENDLESS RAINの曲の終盤には、 どこからともなく大合唱が巻き起こり、 いつの間にか表参道ヒルズ一体が、 YOSHIKIのライブ会場さながらの空間と化していた。

YOSHIKIが、 日本人男性として初めて表紙を飾った10月号の「VOGUE JAPAN」の撮影は、 5月の頚椎人工椎間板置換手術からわずか3週間後、 リハビリを行っていたロサンゼルスから、 急遽ニューヨークへ飛び行われた。 パフォーマンス後のトークの中でYOSHIKIは、 表紙のオファーを受けた時の事について「手術後3週間のタイミングでいただいたお話で、 地獄と天国が同時にきたかんじ(笑)やりがいのある、 とても光栄なお話でした。 」と語った。

また、 VOGUE JAPAN渡辺三津子編集長からは「世界のファッション界で、 様々な話題を呼んでいる」と、 今号の自身の表紙が世界中でセンセーショナルを巻き起こしているという事を聞き、 YOSHIKIも嬉しそうな笑顔を見せた。

この日、 世界最大級のショッピング・イベントFNOでの、 オープニング・セレモニーのトリという大役を見事に果たしたYOSHIKI。 東名阪で行われた自身のディナーショーを大盛況のうちに終え、 また9月18日に放送される「MUSIC STATION ウルトラFES2017」(テレビ朝日系)への出演が緊急決定するなど、 とどまる事を知らないYOSHIKIの精力的な活動から今後も目が離せない。