レアルに緊急事態! ベンゼマが負傷離脱、“キック退場”のマルセロは長期出場停止も

写真拡大

レバンテに1-1で勝ち点2を落とす形に 2試合連続ドローと苦戦

 リーガ・エスパニョーラ第3節で2試合連続のドローに終わったレアル・マドリードが、いきなり緊急事態を迎えている。

 レバンテ戦に1-1のドローに終わったが、元フランス代表FWカリム・ベンゼマが負傷で離脱した一方、ブラジル代表DFマルセロも一発退場で長期出場停止の可能性があると報じられている。

 前節バレンシア戦を2-2のドローで終わったこともあり、レアルとしてはレバンテから勝ち点3を確保したい一戦だった。

 しかし前半早々にロングスローから先制点を許すと、前半28分にベンゼマが負傷してウェールズ代表FWギャレス・ベイルと交代する憂き目に遭った。その後同36分にルーカス・バスケスの同点ゴールが決まったものの勝ち越し点を奪えず。それどころか不動の左サイドバックであるマルセロが試合終盤に相手MFを蹴ってしまいレッドカードを提示されてしまった。

 “勝ち点2”を落とす形となったレアルだが、それ以上に主力二人を失う可能性が出てきた。クラブ公式サイトではベンゼマの負傷状態を発表し「右足ハムストリングの負傷」としている。これを受けて米放送局「ESPN」は「全治4〜6週間はかかる」と報じている。

マルセロは4試合出場停止処分の可能性

 またマルセロの“キック退場”についても「2〜4試合の出場停止処分」という厳しい処分が下るとの可能性を記している。現在レアルはスペインスーパーカップ第1戦で主審を小突いてしまったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが5試合出場停止処分中である。

 これに加えて前線の基準点となれる万能型ストライカーのベンゼマ、世界最高峰の左サイドバックにして副キャプテンのマルセロまで出場できないとなれば、3連覇を狙うUEFAチャンピオンズリーグを含めて、シーズン序盤戦からいきなり窮地を迎えることになる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images