北朝鮮の首都平壌の人民劇場で、核開発に携わった科学者や技術者のために開かれたコンサートを鑑賞する金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(中央)と李雪主(リ・ソルジュ)夫人(同左、撮影日不明、2017年9月10日公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は10日、今月3日の核実験に携わった科学者や技術者らのため首都平壌(Pyongyang)で開かれた宴会で、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長が「水爆実験は完璧な成功だった」と述べたと伝えた。

 金正恩氏は、北朝鮮にとって6度目で過去最大となった今回の核実験は「国の歴史における慶事」だと述べ、核保有国として完全に認められるという目標達成に向けて一層の努力を呼び掛けたという。

 北朝鮮は、3日に実験したのはミサイルへの搭載が可能な水爆だったとしている。平壌では週末に核実験の成功を祝う宴会やコンサート、各種の公演が行われた。

 10日付の朝鮮労働党の機関紙「労働新聞(Rodong Sinmun)」は、核開発に携わる科学者や技術者らのために開かれた特別コンサートを鑑賞する金正恩氏と李雪主(リ・ソルジュ、Ri Sol-Ju)夫人の写真を全面見開きで掲載した。
【翻訳編集】AFPBB News