退任が発表された篠田善之監督

写真拡大

 FC東京は10日、篠田善之監督の退任を発表した。後任については、決まり次第発表するとしている。

 2016年7月に城福浩前監督の解任に伴い、コーチから昇格した篠田監督は、チームの再建に尽力し、その手腕が認められて続投。今季はFW大久保嘉人やFW永井謙佑、MF高萩洋次郎ら大型補強を敢行し、初のリーグ制覇を目指したが、リーグ中位をさまようと、9日のJ1第25節セレッソ大阪戦で1-4と惨敗し、今季2度目の3連敗を喫した。さらに25試合を終えた時点で9勝6分10敗と黒星が先行していた。

 クラブを通じて篠田監督は、「期待に沿えるような成績を残すことができず、ファン・サポーターやすべてのFC東京に関わるみなさまに大変申し訳なく思っております」と謝罪。「2012年から5年半FC東京でサッカーと向き合い、また多くの方々と出会えたことに、心から感謝しています。これからの東京のさらなる発展のために、選手、クラブを今後もサポートしていただければと思います」とお願いした。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ