プレイの爽快感やグラフィックのリアルさがさらにアップ

写真拡大

コナミデジタルエンタテインメントは、PlayStation 4(PS4)/PlayStation 3(PS3)向けサッカーゲーム「ウイニングイレブン 2018」を2017年9月14日に発売する。

「マラドーナ」「ベッカム」らレジェンドたちも多数登場

「レジェンドはここから生まれる(Where Legends are made)」をコンセプトに、プレイを極限まで洗練したといい、対戦のあらゆる場面で、伝説的なプレイをプレイヤー自身で生み出せる。

選手のプロポーションやモーションの基本動作の見直しに加え、リアルサッカーのスピード感を再現する調整を行い、試合の気持ちよさが大幅アップしたという。また欧州の実在スタジアムや選手を徹底的に現地取材し、2万点以上のリアルデータをもとに、これまで以上に本物の試合のような映像を実現した。

2人または3人で協力してチームを操る「オンライン CO-OP」を新搭載したほか、「ランダムセレクションマッチ」が新しい要素を加えて復活。複数クラブからランダムで選出された選手との対戦を楽しめる。

そのほか、数々の記録や伝説のプレイを生み出した"レジェンド"、「ロマーリオ」「ディエゴ マラドーナ」「デイヴィッド ベッカム」らが多数登場。レジェンドたちは今後も続々追加予定とのことだ。

価格は、パッケージ版/ダウンロード版とも同一で、PS4版が7600円(以下全て税別)、PS3版が6600円。

また、オンラインモード「myClub」で即戦力となる「FC バルセロナ」のレジェンドを獲得できるなど様々な特典付き「FC バルセロナエディション」も発売。価格は9600円。