北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、米トランプ政権に「対朝鮮敵視政策」の撤回を促す論評を配信した。

論評は、「トランプ行政府と国会の一角では『北朝鮮はならず者国家』『米国は北朝鮮と取り引きするいかなる国とも全ての貿易を中断する方案を考慮中』だという詭弁と共に『強い軍事的対応』と『強力な制裁』をうんぬんする声が頻繁に出ている」と指摘した。

また、米国の軍事的圧力に対して、「朝鮮の多発的で連発的な国防力強化措置に完全に度肝を抜かれた者の断末魔のあがきである」と述べた。

つづけて、「偉大な領袖、偉大な党の周りに一心同体となって固く団結し、自力更生の旗印を高く掲げて進むわれわれにはいかなる制裁や軍事的威嚇騒動も通じない」と強調した。

さらに、「トランプ行政府の政客らが『対朝鮮圧迫の時期』がどのように終わるかをいまだ見計らえず慌しく振舞うなら、それは実に悲劇である」と述べた。

その上で、「米国にはチュチェの核強国、世界的な軍事強国としての朝鮮の戦略的地位を認めて対朝鮮敵視政策を撤回するか、でなければわれわれと最後まで対決して悲惨な終えんを迎えるかという二つの道のほか、他の選択はあり得ない」と主張した。