デ・ブライネも…マネは退場に値しないと語る

写真拡大

『Sky』は9日、「マンチェスター・シティのMFケヴィン・デ・ブライネは、サディオ・マネの退場に疑問を呈した」と報じた。

土曜日にホームでリヴァプールと対戦したシティは、5-0と大勝を収めることに成功した。

その試合の中ではリヴァプールのFWサディオ・マネがGKエデルソンと衝突する場面があり、それによって退場処分を受けていた。

試合の流れを大きく変えた37分のレッドカードについて、マンチェスター・シティの指揮官グアルディオラも疑問を呈していた。

さらにケヴィン・デ・ブライネも以下のように話し、怪我がなければ退場になるプレーではなかったと語ったという。

ケヴィン・デ・ブライネ

「最初のゴールが決まった後、我々は少しコントロール出来るようになった。そして、残念ながらレッドカードが出てしまったね。

あれは悪いファウルじゃないよ。ただ、エデルソンがそれでああいうことになった。もし怪我がなければ、レッドカードじゃないよ。イエローカードだね」