ギグス氏がスウォンジー加入のレナト・サンチェスに太鼓判「3年前に好きになった」

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッド一筋でプレーし、長年プレミアリーグで活躍してきたライアン・ギグス氏が、バイエルンからスウォンジーにレンタル移籍で加入したポルトガル代表MFレナト・サンチェスについて語った。

▽レナト・サンチェスは、2016年7月にベンフィカからバイエルンへと移籍。恵まれた才能に大きな期待が寄せられていたものの、ブンデスリーガ挑戦1年目は公式戦25試合の出場にとどまり、ノーゴールに終わっていた。

▽ギグス氏は、若手が新天地で苦しむことはよくあると語り「若い選手は国、言語、ビッグクラブ、そして大きな期待に動かされる」とコメント。それでも「彼は才能があり、プレミアリーグはアグレッシブな選手に合っているだろう」と語った。

▽また、現役引退後ユナイテッドでアシスタントコーチを務めていたギグス氏。ベンフィカ時代のレナト・サンチェスをオールドトラフォードで見たとき、自身のレーダーに触れ、気に入ったことを明かした。

「ルイス(・ファン・ハール)の最初のシーズン、3年前に彼を見て、すぐに好きになったことを覚えている。プレミアリーグのサッカーに合っていると思ったよ」

「ポール・クレメントとバイエルンの関係、そしてカルロ・アンチェロッティとの友情は、明らかに多くのものがスウォンジーにくることに関係している」

「しかし、そういったものは活用すべきなんだ。彼は素晴らしい選手であり、リーグで最もエキサイティングな選手の1人になるだろう」

▽スウォンジーは10日のプレミアリーグ第4節でニューカッスルと対戦。レナト・サンチェスがプレミアデビューを果たすのか注目が集まる。