篠田善之監督【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 FC東京は10日、篠田善之監督の退任を発表した。

 篠田監督率いるFC東京は、9日のセレッソ大阪戦を1-4で落として公式戦5連敗。J1で10位に低迷している。天皇杯とルヴァン杯でもすでに敗退しており、クラブは監督交代を決断している。

 篠田監督は公式サイトを通じて、「日頃より、温かいご声援をいただき、本当にありがとうございました。期待に沿えるような成績を残すことができず、ファン・サポーターやすべてのFC東京に関わるみなさまに大変申し訳なく思っております。2012年から5年半FC東京でサッカーと向き合い、また多くの方々と出会えたことに、心から感謝しています。これからの東京のさらなる発展のために、選手、クラブを今後もサポートしていただければと思います」とコメントを残した。

 なお、後任監督については「決まり次第あらためてお知らせいたします」とされている。

text by 編集部