国内外で大きな話題を集める清宮幸太郎【写真:Getty Images】

写真拡大

清宮は「スター選手」…カナダ局が狂騒曲に注目「日本メディアは一挙手一投足を追う」

「第28回WBSC U-18野球ワールドカップ(W杯)」(カナダ・サンダーベイ)は9日(日本時間10日)、スーパーラウンド第3戦で侍ジャパンU-18代表が韓国に4-6で敗戦。1次ラウンドから持ち越される成績を含め2勝3敗で決勝進出ならず、初優勝を逃した。主将を務めた清宮幸太郎内野手(3年=早実)は2本塁打を放ったが、勝負所で本来の実力を発揮できず。それでも、現地メディアでも注目度は群を抜いていたようだ。カナダのテレビ局「CBC」が報じている。

「目を引く日本野球チームの注目度、そして、スター選手がサンダーベイで戦う」と報じた記事は、スーパーラウンド期間中だった8日に特集を掲載した。

 日本から海を渡ってきた報道陣が50人を超えていることを紹介し、「日本メディアは、コウタロウ・キヨミヤの一挙手一投足を追う」と“清宮フィーバー”に言及。「今週、U-18・W杯を戦っているカナダ代表の面々は、決して母国で一般的な知名度があるわけではない。しかし、日本の場合、話はまったく別物だ」とカナダと比較し、いかに日本が自国から注目されているか記述した。

 今大会で歴代最多とされる本塁打記録を111本に更新。「キヨミヤは高校通算本塁打記録を塗り替えた存在だ」とつづり、同局が敢行したインタビューでは約30人程の日本の取材陣が、このやりとりを見守っていたという。

インタビューは「毎日の習慣のよう」、自分は「普通の選手。優れた選手と思ってない」

 記事によれば、清宮は通訳を通じて「こういったことはよくあります、ほぼ毎日ですね……。インタビューは毎回、受けています。なので、毎日の習慣のようになっています」と明かしたという。

 日本で、どれほど有名なのかを問われると「たくさんの人が自分を話題にしてくれて、とてもうれしいです」と回答。しかし、学校からサインをすることは禁止されていると付け足したという。

 一方で、そんな有名な存在となった18歳だが、彼は自身を「普通の選手」と語り、「他の選手より自分が優れた存在だとは思っていません」と分析したことを紹介している。

 今大会、残すは地元カナダとの3位決定戦だ。卒業後はプロ入りか大学進学か進路が注目されている怪物スラッガー。今大会は本人にとって不本意な結果が続いているが、海を越えても注目度は怪物級だったようだ。