チェルシー、人種差別応援歌で処分の可能性も

写真拡大

『The SUN』は9日、「レスター・シティ戦で人種差別的応援があったとして、チェルシーに処分が下される可能性がある」と報じた。

土曜日にアウェイでレスター・シティと対戦したチェルシーは、2-1で勝利を収めることに成功した。

その中で先制点を決めたアルバロ・モラタに対してチェルシーファンが歌ったチャントが、ユダヤ人差別を含んだものだったとのこと。

「モラタ、ああモラタ、ああ、彼はレアル・マドリーから来て、激しくユダヤ人を憎んでいる」

という歌詞の曲を繰り返し歌っていたという。チェルシーのコミュニケーション部門長のスティーヴ・アトキンス氏は、ファンのこのような行動に苦言を呈した。

スティーヴ・アトキンス

「コンテ監督がこの歌に気づいていたとは思わない。クラブと選手は、ファンの情熱的なサポートに感謝している。ホームでも、アウェイでも。

しかし、その歌の言葉については、全面的に受け入れることは出来ない。

我々はアルバロ・モラタとも話したが、いずれにしてもそのような歌と関連したくないと話していた。

そして、クラブも選手もサポーターに求めたい。そのような影響のある歌を歌うのは止めてくれと」