© Twitter, Inc.

先日Twitterのプロフィールに「性別」が追加されました。性別の設定を自分で行っていない場合はTwitterのプロフィールやアクティビティから判断して自動で振り分けられています。

さっそく確認したところ、筆者(女)は「男性」になっていました(笑)

この情報はTwitterが広告配信などに活用しているものなので一般的に公開されることはありません。間違っていても特に問題はないのですが、自分のTwitterは「男性」「女性」どちらと判断されたのか気になりますよね。

この記事では、Twitterプロフィールの性別を確認し設定の変更を行う方法をご紹介します。

Twitterの性別を確認する方法

Twitterのアプリから【設定とプライバシー】を開き、【アカウント】をタップ。


【Twitterデータ】を開くと、性別が確認できます。


性別の設定方法

性別の右にある【編集】をタップし、設定したい性別を選択しましょう。


「性別を追加」をタップすると、自分で30文字までの言葉を入力することができます。


選択や入力が終わったら、画面を左から右にスワイプして前の画面に戻りましょう。これで変更が完了です。

左上の【×】で戻ってしまうと設定が反映されないので注意です。


自分のアカウントが「男性」「女性」どちらに振り分けられているか、気になる方は一度見てみてくださいね。