すべて京都駅から徒歩約10分!観光の合間に立ち寄りたいカフェ&レストラン7選

写真拡大 (全4枚)

※こちらの記事は、2017年9月10日に公開されたものです。

京都の旅の起点となる京都駅。駅の北方向にある七条界隈や西側の八条エリアには、おしゃれなショップが続々オープンしています。今回は、京都駅から約10分ほどで歩いて行けるカフェやレストランをご紹介。観光の合間にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

伝統工芸を身近に感じられる「カイカドウカフェ」

京都駅から徒歩約10分。市バス・七条河原町停留所の目の前にある「Kaikado Café(カイカドウカフェ)」は、京茶筒の老舗・開化堂が手掛けたカフェ。古い建物をリノベーションした開放的な空間や、京の名店とのコラボ商品で話題を集めています。伝統工芸を身近に感じられる店内で、コーヒーや緑茶、ポタージュなどをゆっくりと味わって。

カラフルな漬け野菜を味わう「イソイズム」

京都駅から北に歩いて10分。「漬け野菜 iSOiSM(イソイズム)」では、サラダのように楽しめる独創的な漬物と、チーズやお肉などの食材と組み合わせた料理を楽しめます。通常は夕方からのオープンですが、予約をすれば、12種類の漬け野菜がまるで手まり寿司のように美しく盛りつけられたランチがいただけますよ。

メイドインジャパンのおしゃれ器具が並ぶカフェ「クラス」

JR京都駅から堀川通り方面に徒歩5分のところにあるコーヒー店「KURASU(クラス)」。シドニー発のロースター「Single O Japan」の豆をエスプレッソで、日本各地のロースターのコーヒーをハンドドリップでいただけます。こちらはコーヒーを入れるための日本製の道具の専門店でもあり、外国から美しい日本製のコーヒー器具を求めてやってくるお客さんも多いそう。

鳥取発の人気カレー店「アジパイ」

京都駅から北に徒歩約10分。ゲストハウスと併設する「asipai(アジパイ)」は、鳥取で創業したカレー専門店。「鳥取のとりカレー」、「鳥取の豚キーマカレー」など、鳥取産の食材を使ったスパイシーなカレーがいただけます。2種が楽しめるカレープレートやあいがけカレーをオーダーして、味の違いを楽しんでみてはいかが?

世界各国のコーヒー豆を自家焙煎。「ヒビコーヒー」

「HIBICOFFEE (ヒビコーヒー)」は、「アジパイ」と同じ店舗内にあるコーヒーショップ。豆の鮮度にこだわる店主が、その日の分だけ自家焙煎するスペシャルティコーヒーがいただけます。コーヒーに合う焼き菓子やトーストもぜひいっしょに味わって。

「フルール」でメレンゲたっぷりのふわふわパンケーキを

「fleur(フルール)」は、京都駅からほど近いカフェレストランです。オーダーを受けてからホイップしたメレンゲで生地を焼き上げた、ふわふわの食感のパンケーキが人気。香ばしいきなこクリームに黒ゴマソースをかけていただく「きなこクリーム・パンケーキ」は、京都駅前店限定の和風味スイーツです。

老舗建材問屋が手掛ける川沿いカフェ「マーマーコーヒー」

京都駅から約12分ほど歩いた高瀬川沿いにある「murmur coffee kyoto(マーマーコーヒーキョウト)」。7種の生豆を仕入れて店内で自家焙煎したコーヒーは、飲みやすく仕上げたもの、高温でじっくりと焙煎したものなど、個性豊かな4つのオリジナルブレンドがあります。コーヒーと一緒に、地元で愛される壬生のベーカリー「マンハッタン」の食パンを使ったトーストメニューもぜひ味わってみて。

*****
いかがでしたか?
今回は過去に紹介した記事や「ことりっぷアプリ」の投稿から、覚えておくと便利な京都駅・七条駅近くのカフェをまとめてご紹介しました。
メニューや営業時間、定休日などの情報は、各店舗に確認してからおでかけしてくださいね。

ことりっぷの最新記事