パチューカ本田、移籍後初先発も不発 最下位グアダラハラに1-3完敗でサポーター激怒

写真拡大

序盤から失点を重ねて完敗、右インサイドハーフの本田は見せ場作れず

 メキシコのパチューカに今季加入した日本代表FW本田圭佑は、現地時間9日に行われた前期第8節、本拠地グアダラハラ戦で移籍後初のスタメン出場。

 しかし、チームは前半から失点を重ね、本田自身も見せ場となるプレーはなく後半28分に交代。最下位相手にホームで1-3の敗戦を喫した。

 本田は4-3-3の右インサイドハーフで起用された。しかし、ゲームが落ち着く前にパチューカはホームで先制を許す。前半16分、左CKのピンチでマークがズレてしまい、こぼれ球をフリーになった相手MFペレスに蹴り込まれて0-1とビハインドを背負った。

 本田は良い形でボールを受ける回数が非常に少なく、同29分にはボールコントロールが大きくなったところを相手に奪われ、勢い余って相手に飛び込んでしまい、メキシコ移籍後では初となるイエローカードも提示された。さらに、直後の同31分にはゴール前のこぼれ球を相手エースのFWロペスに蹴り込まれて0-2とされた。

 攻守とも全く噛み合わないパチューカは同36分、グアダラハラに左サイド深くまで切り込まれ、マイナスの折り返しを最後はFWフェレーロに流し込まれて3点目を献上。力のあるチームとはいえ、今季開幕から不振に喘いでいた最下位相手のホームゲームで、前半を0-3で折り返した。

終盤にはアロンソ監督が退席処分

 後半に入っても低調なプレーを続けるパチューカに、サポーターも怒り爆発。後半10分には、ゴール裏から大量の紙テープがピッチに投げ込まれ、回収のために試合が一時中断する事態になった。同15分に、左サイド45度付近でFKを得たパチューカは本田がキッカーを務めたが、直接狙ったシュートはゴール枠からはるかに外れた。

 そうしたなかでパチューカは同22分、左サイドからのアーリークロスを途中出場のFWハラが押し込んで1点を返し、反撃の狼煙を上げる。チームもリズムを取り戻し始めた同28分、本田は交代を命じられてベンチに下がった。メキシコ移籍後初スタメンとなった本田だが、見せ場を作れずに出番が終了した。

 1点こそ返したものの全体的に低調な試合運びに終わったパチューカは、同34分にはタッチライン際に来た相手選手を突き飛ばしたアロンソ監督が退席処分。踏んだり蹴ったりの試合になり、そのまま1-3で敗戦。開幕から8試合で3勝5敗の勝ち点9で、中位から下位グループに沈む苦しい展開になっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images