本田、パチューカ移籍後初スタメン…チームは3失点で2連敗を喫する

写真拡大

 リーガMX第8節が行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するパチューカがグアダラハラと対戦した。本田はパチューカ移籍後初先発を飾っている。

 試合はいきなり動く。16分、ホームのパチューカはミチャエル・ペレス・オルティスに先制点を決められ苦しい展開を強いられる。29分には、中盤でボールを受けた本田が相手にボールを奪われたが、すぐにファウルで止める。しかし、このプレーでイエローカードを提示されてしまった。

 パチューカはその後、31分と36分に追加点を許し、前半だけで3点のリードを奪われてしまう。

 後半に入るとパチューカに待望のゴールが生まれた。左サイドからのクロスにフランコ・ハラが反応。ヘッドでゴールを決め点差を2点に縮める。

 73分に本田はホアキン・バラデスと交代。お役御免となった。

 その後両チームとも決定機を決めきることはできず、1−3で試合を終えている。パチューカはリーグ戦2連敗を喫している。

【スコア】
パチューカ 1−3 グアダラハラ

【得点者】
0−1 16分 チャエル・オルティス(グアダラハラ)
0−2 31分 エドュアルド・ラミレス(グアダラハラ)
0−3 36分 エドュアルド・ゲレロ(グアダラハラ)
1−3 73分 フランコ・ハラ(パチューカ)