もともと風景を撮ることが好きで、写真を始めたIwona Pinkowiczさん。ある日、自分の写真に映る人たちのことが気になって、話しかけるようになったそうです。そこで会話をした経験が忘れられなくて、はじめたプロジェクトが「Chasing Dreams」。

これは道端で知り合った人々のポートレートに、
その人たちの「夢」を添えたもの。

彼女はロンドンの街を歩き「あ、この人と話したい」と思ったら、自己紹介をして、たわいもない話をしながら、夢を聞き出す。そんなアートワークです。

THIS IS MY “DREAM”

「歌やダンス、演技を通して、私の考えを知ってもらうこと」

「データアナリストになることと、母国であるソマリアに一度帰ること」

「野心に溺れず、誠実さを持てるようになること」

「幸せになること」

「多くの夢を追い続けて、1つ1つ叶えていくこと」

「医者か方医学者、神経学者のどれかになること」

「山か海に近い場所で、家族のように思える人たちと暮らすこと」

「ガラパゴス諸島で大きなウミガメに乗ること」

「本当の意味で独り立ちすること」

「ドキュメンタリーを撮って、有名なビデオグラファーになること」

「人種やジェンダーへの差別がない世界に暮らすこと」

「最愛の人を見つけること」

「できるだけ多くの人と関わって、違いに寛容になってもらうこと」

「もう一度、映画評論家になること」

「夢を見つけること」

 

多様性に満ちた世界都市ロンドン。たくさんの人が集まるということは、それだけ多くの希望や願いが交錯する場所でもあります。

それにしても、初めてIwonaさんと話したにも関わらず、被写体の人たちの表情は柔らかく、彼女に気を許した様子。彼女の話し方や聞き方には、何か特別なものがあるのかもしれません。

他にもたくさんの人たちの夢を、Instagramでチェックしてみませんか。

Licensed material used with permission by Iwona Pinkowicz