3個以上当てはまる人は、認知症の一歩手前の可能性があります。(出典:『認知症は早期発見で予防できる』青柳由則著)

写真拡大

大きな社会問題になっている「認知症」。治療は困難と思われてきたが、最新の研究から、予防と回復の方法が明らかになってきた。大切なのは早期発見。そのポイントは「歩く速度」だという。NHKで認知症に関する多数の番組を手がけてきた科学・環境番組部の青柳由則チーフ・ディレクターに聞いた――。

■「年のせい」にすると手遅れになる

認知症の人の数がますます増えている。厚生労働省の研究班の試算では、2025年には730万人に達する。急増の理由は、高齢者が多くなったからだけではない。認知症になる人の割合が増えているのだ。65歳以上の5人に1人がなってしまう。

「放っておくと、2060年には1000万人を突破します。自分自身だけでなく、奥さんや両方の親を含めると6人になりますから、そのうちの誰が認知症になってもおかしくありません。いや、むしろなると覚悟したほうがいいでしょう」

そう話すのは、NHKのチーフ・ディレクターとして、医療の最前線を取材する青柳由則氏。この6年あまり、認知症をテーマに世界中の研究者や医師を訪ね、「NHKスペシャル」などで取り上げてきた。

番組制作を通して驚くべきことがわかった。根本的な治療法はないとされている認知症も予防と早期発見で従来の生活を維持できるという事実だ。ポイントはMCI(軽度認知障害)と名づけられた認知症の一歩手前の段階である。ここで気がつき、適切に対処できれば進行を抑え、場合によっては正常レベルに回復するという。

「私が使わないようにしている言葉があります。それは『年のせい』です。もの忘れがひどくなったとか、動きが緩慢になったと感じたら、年齢を理由に『仕方ない』とあきらめるのではなく、MCIを疑ってください。そうでないと、取り返しのつかないことになってしまいます」(青柳氏)

■脳の状態が80歳から23歳に

そうならないために、青柳氏が提案するのが、40代からの予防だ。超多忙なビジネスマンの、とかく乱れがちな生活習慣、とりわけ運動や睡眠の見直しが効果的な対策につながる。

「近年の医学研究で身体と脳、より具体的にいえば歩行と認知機能には深いつながりがあることが証明されています。おそらく、脳の高度な機能というと記憶力や計算を思い浮かべるでしょう。しかし、身体を動かすことも、脳を使う活動なのです。なかでも、周囲の安全に注意しながら歩くという行為では、脳内で高度な情報処理が行われます」(青柳氏)

だから、歩くことが脳を刺激し、認知症の最大の予防策になる。青柳氏が取材した米国・イリノイ大学ベックマン研究所のアート・クレーマー教授の研究成果は注目に値する。高齢者に1年間、さまざまな運動を体験してもらった。

その結果、歩行を続けた人では、脳が80歳の老人から23歳の若者の状態になった。

青柳氏の問いかけに対し、クレーマー教授は「1回1時間程度のウオーキングを週3回。それを1年間継続しただけです。運動量は特に多いわけではありません。ただし、歩き方に条件があります。早歩き、息が少し上がる程度です」と答えたという。

通常、脳の活動は加齢とともに衰えていく。けれども、こうした適度な運動をすることで改善できるのだ。

また、記憶をつかさどる脳の器官で、年をとるにつれて縮小していくはずの海馬が、早歩きを励行することによって大きくなることも明らかになったのである。

「負荷のかかる運動はすべて、身体と脳にプラスに作用します。通勤や仕事のなかで工夫をして、運動量というより活動量を増やすことが大切です。駅ではエスカレーターではなく階段を使い、会社に着いてもエレベーターに乗らなければ、いい運動になります。海外へ取材に行くと、ドクターたちは椅子に座らず、立ってデスクワークをしていました」

■睡眠不足は極めて危険!

こう提案する青柳氏は、手首にリストバンド活動量計を着けている。これは、1日の歩数や早歩きなどのアクティブ時間、移動距離、消費カロリーを測定し、データをスマホに送信してくれる。運動の“見える化”が可能になりモチベーションも上がる。

実は、運動が自分のためになるとわかっていても続けることは意外に難しい。専門的には生活変容というが、それまでの習慣を活動的なライフスタイルにチェンジしていくことにはそれなりの努力が必要だからだ。

だからこそ毎日、その日の活動量を確かめ、手応えを感じることが大事なのである。ちなみに、インタビュー前日の青柳氏は、1万2000歩、ビルを22階まで上るのと同等の運動をしていた。

しっかり活動することは、睡眠にもいい。ところが、現代のビジネスマンは残業続きだ。十分に眠れないと、脳にアミロイドβという物質が蓄積され、アルツハイマー型認知症を引き起こすことがわかっている。つまり、睡眠不足は極めて危険だといっていい。まして、徹夜などすると一晩で一気に増加してしまう。

「睡眠をしっかりとると、朝スッキリと目覚めることができます。こうした気分だけではなく、脳から老廃物を排出するという大切な作業も眠っている間に行っているのです。運動によって睡眠の質が上がり、認知症の発症が抑えられます」(青柳氏)

現役ビジネスマンの親の世代であれば、やはり早めの気づきが認知症への最善の対応になる。前述のMCIであるかどうかは、日常生活におけるちょっとした変化で見つけることができる。

例えば、MCIになると、信号機が青に変わったとき、以前は楽に横断歩道を渡れていたのに、信号が赤になるまでに道路の反対側に行けなくなってしまう。65〜69歳の男性が1秒間に進める平均距離は約1.4メートルだ。一般的に信号機は青が点滅するまでの間に毎秒1メートルで歩けば渡りきれるように設計されている。それができないというのは要注意だ。

そこで青柳氏は、盆や暮れに帰省したときに、親を散歩に誘うことを勧める。一緒に歩いていて、「あれ、ずいぶんゆっくりで歩幅も短いな……」と思ったら、近くの医療機関に連れていくべきだという。

「おそらく嫌がるかもしれません。それは認知症と診断されるのが怖いからです。これまでは、神経内科や脳神経外科、精神科を訪ねましたが、最近では、もの忘れ外来(認知症外来)を掲げる専門病院も全国にあります。ぜひ、利用してください」

----------

青柳由則
NHK科学・環境番組部チーフ・ディレクター
1969年生まれ。横浜国立大学卒業後、94年にNHK入局。認知症に関しては6年間にわたって世界中の研究者を取材し、最新の知見をNHKスペシャルなど数々の番組で紹介してきた。著書に『認知症は早期発見で予防できる』。

----------

(ジャーナリスト 岡村 繁雄)