記事画像

写真拡大

ネットショップでお得な商品を簡単に探せるようになった今、「定価」でモノを買うことは以前に比べてだいぶ少なくなりましたよね。けれど、それなりに工夫して買い物しているはずなのに、なぜかお金が貯まらない――。もしかするとそれは、家計が「お金が貯まる仕組み」になっていないからかもしれません。

東京バーゲンマニア編集部は2017年8月30日に開かれた「主婦必見! 賢いポイント活用&不用品処分で家計改善を目指す勉強会」に参加。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんとフリマアドバイザーの川崎さちえさんに、無理なくできる家計改善を教えてもらいました。

ポイント:「マネールール」をつくる

仲のよい友達同士でも、ズバリ聞きにくいのが「貯金」の話題。楽天市場の「夫婦400人に聞いた2017年『夫婦のお財布調査』」(全国の30〜40代男女各200人)によると、現在は「貯金格差」が進んでいるといいます。

「あなたの世帯の貯蓄額はいくらですか?」という問いに「100万円以下」と答えた人は全体の25%、「101万円〜999万円」は50%、「1000万円以上」は25%という結果になりました。「4人に1人は貯蓄が1000万円以上」ある一方で、「4人に1人は貯蓄が100万円以下」ということになります。

さらに貯蓄額上位である10%の人に「貯蓄のために一番大切だと思うこと」を聞いてみると、最も回答が多かったのが「衝動買いをしない」(35%)。以降、給与からの天引きなどで貯める「先取り貯金」(17.5%)、「通信費の見直し」(12.5%)、「ポイントで支払えるものはポイントを利用する」(7.5%)が多く選ばれていました。

この結果について、ファイナンシャルプランナーの風呂内さんは「貯蓄額上位の人は貯めるためのマネールールができているのだと思います」と指摘します。

風呂内さんがいう「マネールール」とは、主に次の3つです。

(1)一番得をする支払い方法を選ぶ

たとえば、保険料や国民年金などは割引のある年払いで支払う。また公共料金は振替用紙での支払いよりも50円程度割引になる口座引き落としを利用する。クレジットカード払いにしてポイントを貯める...など。

(2)固定費を見直す

毎日の買い物でこまごまと節約するよりも、家賃や保険料、通信費など金額の大きな固定費を削減できないか考える。

(3)ポイントを活用する

クレジットカードの支払いは1枚にまとめ、ポイントを集約する。貯まったポイントで日用品や生活必需品を購入する。

風呂内さんによると、まずはこの3点を見直すだけでもOKとのこと。

「毎日買い物をする度に『節約しなくては!』と思うのはストレスですし、面倒ですよね。でも、支払い方法や固定費の見直しは一度ルール化してしまうだけなので簡単。その後もずっとお得が続くのでオススメですよ」(風呂内さん)

ポイント2:試しにフリマアプリに出品する

一方、家計を豊かにするために欠かせないのが、収入のアップです。とはいえ、お給料を即座に増やすのはなかなか難しいですよね。

「家の中の不用品を処分すれば、思わぬ収入になることがあります」

こう話すのは、フリマアドバイザーの川崎さん。川崎さんは14年前からネットオークションをはじめ、現在でもフリマアプリなどで毎月3〜4万円を稼いでいる「フリマの達人」です。

ネットオークションなどで不用品を売るというと「ブランド物しか売れないのでは」と思いがちですが、川崎さんによると、なんと「スニーカーの空き箱」や「お古の鍵盤ハーモニカ」、「使いかけのアイシャドウ」に「ホテルのアメニティ」。さらには「ペットボトルのキャップ」や「トイレットペーパーの芯」といったものまで売れるといいます。

「自分が『不用品』と思い込んでいるだけで、世の中にはそれを必要としている人がいます。捨ててしまう前に試しにフリマアプリに出品してみてください。意外なものが売れておもしろいですよ」(川崎さん)

ただ、フリマアプリには出品手数料や購入時の手数料などがかかる場合があります。

川崎さんは「今はラクマ、フリル、メルカリなど、さまざまなアプリがあるので、どこが一番オトクか使い勝手を比べてみましょう。また、フリマアプリには『即購入禁止・コメント後購入』といって、購入前に出品者に対して、ひと言コメントをしなければいけないといった独自のルールも存在します。自分が不用品を売る前に何度か購入してみると、それぞれの独自ルールや雰囲気などがわかって安心です」と、アドバイスしてくれました。

これから年末にかけてはイベントも多く、出費が続きがち。マネールールをしっかりつくって、せっせと貯金。同時にフリマアプリで臨時収入をゲットする「二刀流」で乗り切っていきましょう!