9日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ)に博多華丸・大吉が出演。自身の出身地は博多ではなく神戸であることを告白したせいでCMが打ち切られたと明かした。

 コンビ名にも「博多」を入れ、テレビ番組の至るところで博多愛を語りまくる華丸・大吉だが、意外にも大吉は神戸出身で2歳まで神戸で育ったのだという。大吉によると、それをとある番組で告白したところ、地元福岡は騒然。さらにそれを面白がってしまった大吉が「実は(とんこつ)ラーメンそんなに食べない」と博多っ子にあるまじき告白をしてしまったことで、この騒動がさらに大きくなることに。

 おかげで2人を福岡出身だと信じてCMに起用していた会社からは「そういうことなら契約はできない」と、衝撃の告白から3ヶ月後にCMは打ち切り。しかもこの衝撃告白はネットニュースなどに取り上げられ大炎上。どれだけ華丸が火消しに躍起になってもどうにもならず大変だったと振り返った。

 どれだけごまかそうとしても出身地の事実は変わらないと言う大吉に、せめて「とんこつは(好き)?」とどうにか前言撤回で博多愛をアピールさせようと華丸は躍起に。ところが大吉は「とんこつもたまにしか食べない」とどこまでも断言。一方強情な大吉に業を煮やした華丸は、ついには「俺は(とんこつの)湯船に浸かってる!」と大絶叫。かみ合わない2人にスタジオは大爆笑の一幕となった。