The fin.

写真拡大

 グルメサンドウィッチブームの火付け役として知られる「café 1886 at Bosch」が、オープン2周年を記念したパーティーを9月9日の今日開催した。会場では9月10日発売のグルメサンドイッチの新メニューを一足先に提供したほか、「ザ・フィン(The fin.)」のライブや中田クルミのDJパフォーマンスを披露。「ボッシュ」の担当者は「今後もお客様に満足して頂ける空間作りに尽力していきたい」とコメントしている。
 「ヴォーグ・ファッションズ・ナイト・ アウト(VOGUE FASHIONS NIGHT OUT)」の当日に行われたパーティーでは、「ザ・フィン」と「オウガ・ユー・アスホール(OGRE YOU ASSHOLE)」がライブパフォーマンスを実施。店内にはボッシュの製品が当たるガチャガチャが設置されるなど、サンドウィッチを片手にイベントを楽しむ顧客で盛り上がりを見せた。
 「café 1886 at Bosch」はボッシュの渋谷本社1階に併設されたカフェで、2016年頃から続くグルメサンドウィッチブームの走りとして知られている。窪田建築都市研究所の窪田茂が内装を手掛けた店内にはフリーWi-Fiや電源を完備されているため、"インスタ映え"を目的とした若年層の顧客からビジネスパーソンまで幅位広い層が来店しているという。定期的にイベントも行っており、12月中旬まではボッシュの新製品「ドレメル フィーノ」を使ってコーヒーに関連する様々なアイテムをウェブマガジン「箱庭」が制作し展示する「コーヒーとものづくり展」を開催。9月10日からは新メニューとして、フレンチレストラン「マルディグラ(Mardi Gras)」の和知徹が考案した3種類のグルメサンドイッチが発売される。和知徹は新メニューについて「ローストビーフをカジュアルに落とし込んだサンドウィッチ『アバディーン(ABERDEEN)』やボイルせずオーブンで野菜を焼いた『ニーサ(NICA)』など、細部にこだわったメニューに仕上がっていると思う」と自信をのぞかせた。