桐生祥秀【写真:Getty Images】

写真拡大

「9.98」後にツイッター更新「まずはありがとうございました」…歴史的賞状も公開

 陸上の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)第2日は9日、男子100メートル決勝(追い風1.8メートル)で桐生祥秀(東洋大4年)が日本人初の9秒台となる9秒98で優勝。伊東浩司が98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新した。日本人初の9秒台スプリンターとなった21歳はレース後、ツイッターで「たくさん書きたいことはありますが」と万感の思いを76文字に込め、ファンから「感動しました」と労いの言葉が贈られている。

 桐生はレース後の深夜にツイッターを更新。この日受け取った表彰状を公開し、そこには「第1位 桐生祥秀 東洋大学 9秒98 日本新記録 大会新記録」と輝かしい偉業が文字によって刻み込まれている。

 投稿の文面では「10秒01出してから4年 9秒98に」と記した。高3で自己ベストをマークしてから東洋大に進学。母校のユニホームを着るラストランで見事に歴史的快挙を成し遂げた。

「たくさん書きたいことはありますが」とした上で「まずはありがとうございました。本当に応援が力になりました」と声援を送ってくれたファンに感謝を述べた。

「世界のスタートラインです」…東京五輪へさらなる期待更新に期待の声も

 常に目標としてきた9秒台を達成し、さまざまな思いがあったのだろうが、まずは支えてくれた人々へ言葉を送った。そして、最後には短い言葉で未来への決意を述べている。

「世界のスタートラインです」

 こう締めくくった桐生。ファンから「感動しました」という声とともに、注目される東京五輪へ、さらなる記録更新を期待する声も上がっていた。

 今年は全日本選手権4位に終わり、100メートルでは世界選手権出場を逃したが、見事に日本人初の9秒台を達成。21歳の未来に期待は増すばかりた。