【厚くむきすぎた…の残念を軽減】梨の皮むきは〇〇を使うのが正解!

写真拡大 (全5枚)

秋の楽しみ「梨」


秋の味覚が楽しめるようになってきましたが、中でも「」の登場を待っていた!という梨ファンも多いのではないでしょうか。みずみずしい果肉を想像するだけで幸せな気分になりますよね。

厚くむきすぎた…そんな残念を軽減!


せっかくの梨ですが、包丁で皮むきをするときに、ちょっと厚くむきすぎてしまって、残念な気持ちになってしまったことありませんか?そこで、今回は梨の皮むきの残念を軽減するワザを紹介します。使うのは、皮むきといえば!の「ピーラー」です。


私的☆梨やリンゴの皮の剥き方

by みぃーーみ☆

早く出来ます

ピーラーを使って梨の皮をむくコツ!


まずは頭とお尻から

梨のヘタの回りの頭と、反対側のお尻の部分を丸くむきましょう。

まわりもピーラーで

残った皮の部分は縦に剥いていくのがポイントです。

簡単に気持ち良くむける!


つくれぽ(みんなの作りましたフォトレポートのこと)には、「あっというまにむけました」「食べる部分を多く残せて嬉しい」「薄くむけるしコレは良い」と、ピーラーの秘めたる力に圧倒されている様子です。


梨は好きだけど皮むきが苦手・面倒…と思っていた人も、ピーラーで皮をむけばラクラクきれいに無駄なくむくことができちゃいます!さっそく梨を堪能しちゃいましょう!

執筆:はまずみゆきこ

JAMHA認定ハーバルセラピスト

北海道在住の日ハムファン。2男児に味見を頼み日々お料理研究中。これは素敵&便利!と思えるレシピを紹介します♪