横浜FMの扇原貴宏は3失点の意味を前向きに捉えている【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

流れを決定づけた先制点。大きすぎたダメージ

 明治安田生命J1リーグ第25節が9日に行われ、川崎フロンターレが3-0で横浜F・マリノスとの「神奈川ダービー」を制した。好調な両チーム同士の対戦として注目された一戦は3点という大差がついてしまったが、敗れた横浜FMは決して下を向くことはない。完敗とも言える試合をなぜポジティブに捉えられるのだろうか。(取材・文:舩木渉)

--

 横浜F・マリノスは9日、明治安田生命J1リーグ第25節で川崎フロンターレと対戦し0-3で敗れた。

 序盤から試合の主導権を握ったのは川崎F。自慢のパスワークと積極果敢な守備で横浜FMを押し込み、14分に大島僚太のミドルシュートで幸先良く先制点を奪った。このゴールが「神奈川ダービー」のターニングポイントとなる。

 中盤の底で先発出場した横浜FMの扇原貴宏は、やはり立ち上がりの対応のまずさと失点の場面を悔やんでいた。

「立ち上がりから自分たちが引きすぎてしまって、フロンターレ相手にリスペクトしすぎたというか。もうちょっと人にいかないといけなかったんですけど、本当に何もプレッシャーを与えることなく自陣ペナルティエリアまで来させていた。しっかりと積極的にやらなければいけないゲームだったんですけど、最初に失点してしまって、さらに苦しくなったので、本当に完敗かなと思います」

 反対に川崎F側から見れば、序盤の先制ゴールは狙い通りの展開だった。川崎FのDF谷口彰悟は「(大島)僚太の1点目が本当に大きかった。たぶん相手のプラン、やり方的には前半0-0で我慢して、後半こっちが焦れたところでカウンターとかで点を取って勝つという流れだったと思う」と分析する。

 先制点が重要になる、と川崎Fが考えたのはリーグ前半戦の神奈川ダービーで横浜FMに0-2で敗れていた教訓があったからでもある。前半を0-0で終えたものの、しっかりと守ったうえで後半に2得点を奪った横浜FMが勝ち点3をもぎ取った。

 中村憲剛はこの試合での先制点の意味を誰よりも理解していた。「やっぱり失点をしていないということは、逆に失点をしたらダメージがある。そこを僕らは狙っていこう、マリノスだからこそ点を取ろうということを、みんなで立ち上がりからやれた」とチーム内での意思統一の成果を強調した。常に注目が集まる戦術のディテールだけでなく、試合の流れを心理的に支配することも勝利のために重要な要素だ。

「ボコボコにされてよかったんじゃないですか?」(扇原)

 横浜FMは最後に敗れたJ1第10節のサガン鳥栖戦から14戦無敗。その間に喫した失点はわずか「8」のみ。複数失点したのは1試合だけだった。先に1点取れば相手は焦る…川崎Fのゲームプランがハマったことは扇原の言葉からもうかがえた。

「(先制点を奪われるのが)一番、正直キツかったので、それだけは避けたかった。押し込まれてもなんとか我慢して、ゼロで最低前半は終えたかった」

 一方で扇原は「ここまでボコボコにされてよかったんじゃないですか?」と、完敗にもかかわらずポジティブな姿勢を見せる。なぜだろうか。

「3失点とも少しミス絡みというか、1点目はクリアが小さくなったりとか、3点目も(ボールの)失い方が悪かった。そういうシンプルなことをしっかりと修正して、1試合負けることもあると思うので、メンタル的にここで落ちることなく、しっかりと残り9試合に向けて切り替えてやれればいい」

 どんなに強いチームもいつか負ける。永遠に勝ち続けることは不可能である。その負けをしっかりと受け入れ、改善して次に繋げられるか。負けをただの負けに終わらせないことが重要だとチーム内で共有し、自分たちの積み上げてきたものを信じて下を向かずにやり続けられるかが次節以降に向けてのポイントになる。

 もちろんリーグ戦、天皇杯、YBCルヴァンカップ、ACLと4つのタイトルを狙える位置に川崎にとって重要な「1勝」であることに違いはない。それと同時に横浜FMが再び浮上するためにも重要な「1敗」となった。90分間を終えた後の結果にこそ明暗分かれたものの、両チームにとって“ポジティブ”な一戦だったと言えるだろう。

(取材・文:舩木渉)

text by 舩木渉